キャッシングで助かった経験談

財布を開けるとお金がない、どうしよう、そういったことで私は何回も困ったことがあります。しかし、今はキャッシュカードを持ち歩くことで、こうした困ったこと事態になることもめっきりなくなりました。
そもそも私は盗難が多いことに不安を感じ、財布の中に現金をあまり持ち歩かないようにしていました。すると急な用事がはいって普段よりもお金が余計にかかるかもしれないとなると、残金が不安になってイラついてしまい、ひどくストレスを感じることもままありました。そんなとき友人たちには、気持ちを抑えて気取られないようにしていました。
こうした不安と取り除いてくれたのがキャッシュカードです。残金を気にする必要もなく、友人たちにイライラを気取られないように意識することもありません。急用でも難なく対応できるようになりました。
たしかに、キャッシュカードの利用には、返済できるのだろうか、などといった不安に思うこともいろいろとあることだろうと思います。
私はキャッシュカードを利用してみて、そうした不安は杞憂だ、むしろ得になることだってあるといいたいです。世の中には無利息期間があるカードあり、利子がかからずにお金を借りられる場合もあるからです。利子がかからないので、不必要にお金を無駄にすることもありません。ただ、こういうカードを扱う消費者金融は少ないので、しっかりと確認してみてください。
キャッシュカードで助かった、私の体験をお話ししようと思います。大学時代、講義のあとバイトをしていると、幼馴染からメールがあって、一緒に飲みたいとのことでした。そのとき財布にあったのは2000円あまり。不安を感じたか、答えは否です。コンビニのATMでキャッシングし、1万円を借りました。そのときは時間外だったので借りられるか不安ではありましたが大丈夫でした。飲みでは幼馴染と楽しい時間を過ごすことができました。
そして返済したのはいくらだったのか。借りた額の1万円だけです。2,3日後に暇な時間を見つけて、銀行からお金をおろしてATMで返済しました。無利子期間だったので、利息が付かなかったというわけです。知っている人は少ないですが、このようにATMを利用できるって便利ですね。