利用者の体験談を手本にしました

出費がかさんで今すぐにお金が必要だけれども、どこで借りればいいのかわからないという方も多いはずです。
お金を貸してくれるところは様々です。例えば、近くの銀行や消費者金融などがあります。けれどもこうした金融機関のなかでもっともよいのはどこなのでしょうか。たしかに、広告やテレビコマーシャルでは、利用者を問わないといってはいます。しかしながら、それが事実なのかについてはわかりません。また、この記事をご覧の方には、即日融資を受けられる申し込み方法、自動契約機の存在をご存知の方もいるでしょう。けれども、いざお金を借りるときには何をすればよいのでしょう。なにごとも初めてのことは戸惑うことばかりです。
実際にお金を借りた人の感想を調べてみましょう。実際に消費者金融を利用した人の体験談が書いてあるサイトも中には存在します。くわえて、少なからぬ利用者の方たちが、自分が体験したことについて、ときに写真を添えて紹介しているブログも見つかることでしょう。
さて、私はなぜこういったことに詳しいと思われますか。実を言うと私も同じような経験をしたからなのです。
数年前の出来事です。入用がかさんでしまい、どうにかしてお金を工面しなければなりませんでした。そのときは申し込み方法が簡単だったこともあり、消費者金融を利用しました。たしかに、消費者金融を使うことに抵抗はありました。いざお金がない状況になるまで、自分はこのさきもそういった機関をを利用する事はないだろうとたかをくくっていたからです。そのとき大変役立ったのが、消費者金融を利用したことのあるかたの投稿でした。
探してみるとネット上には体験談がたくさんありました。その中に、利用しようとしている消費者金融についての体験を書いている方がいました。注意して読みこんだのは、借入の申請にかかわる情報と、そして、短時間でお金を貸してくれるという無人契約機の利用の仕方です。こうしたことを完全に理解したうえで消費者金融に申し込んだのです。
ぜひ実際に利用したことのある方の体験談を参考にしてください。説得力がありますし、なにかとためになります。

キャッシングで助かった経験談

財布を開けるとお金がない、どうしよう、そういったことで私は何回も困ったことがあります。しかし、今はキャッシュカードを持ち歩くことで、こうした困ったこと事態になることもめっきりなくなりました。
そもそも私は盗難が多いことに不安を感じ、財布の中に現金をあまり持ち歩かないようにしていました。すると急な用事がはいって普段よりもお金が余計にかかるかもしれないとなると、残金が不安になってイラついてしまい、ひどくストレスを感じることもままありました。そんなとき友人たちには、気持ちを抑えて気取られないようにしていました。
こうした不安と取り除いてくれたのがキャッシュカードです。残金を気にする必要もなく、友人たちにイライラを気取られないように意識することもありません。急用でも難なく対応できるようになりました。
たしかに、キャッシュカードの利用には、返済できるのだろうか、などといった不安に思うこともいろいろとあることだろうと思います。
私はキャッシュカードを利用してみて、そうした不安は杞憂だ、むしろ得になることだってあるといいたいです。世の中には無利息期間があるカードあり、利子がかからずにお金を借りられる場合もあるからです。利子がかからないので、不必要にお金を無駄にすることもありません。ただ、こういうカードを扱う消費者金融は少ないので、しっかりと確認してみてください。
キャッシュカードで助かった、私の体験をお話ししようと思います。大学時代、講義のあとバイトをしていると、幼馴染からメールがあって、一緒に飲みたいとのことでした。そのとき財布にあったのは2000円あまり。不安を感じたか、答えは否です。コンビニのATMでキャッシングし、1万円を借りました。そのときは時間外だったので借りられるか不安ではありましたが大丈夫でした。飲みでは幼馴染と楽しい時間を過ごすことができました。
そして返済したのはいくらだったのか。借りた額の1万円だけです。2,3日後に暇な時間を見つけて、銀行からお金をおろしてATMで返済しました。無利子期間だったので、利息が付かなかったというわけです。知っている人は少ないですが、このようにATMを利用できるって便利ですね。

プロミスを利用した時の事

以前はお金に苦労していました。いつのまにか財布からお金が無くなり、生活費もおぼつかないこともしばしばでした。これほど苦しい生活が続くぐらいならばいっそのことと、借入を検討したことはありました。けれども、利子を返済できるかということに不安を感じ、何度かあきらめていました。
ついに一日を3色ではなく、1食にしなければ生活できないような状況に陥ってしまいました。そのときです、プロミスが無利息でのキャッシングサービスを行っていると知りました。プロミスの上限金利は17.8%上限です。10万円の借り入れで、利子は1年で17,800円、30日では1,483円の計算でになります。ということは、この分だけお得になるわけです。ポイントサービスへの登録で30日間無利子での借り入れができるとのことでした。つまり、ポイントサービスに登録したのが、初めての出金以前であれば登録してから30日後まで、出金後ならば利息を超えて返済した翌日から30日後までが無利息になるのです。私にとって無利子期間の30日は魅力的に映りました。30日もあれば給料日がきます。それゆえ返済することは可能だろうと思いました。以上のことを考えて、迷わず利用を決めました。
確実な契約のために、窓口で契約するためにプロミスの店舗を探して直行しました。不安と興奮のなか、時間は少々かかったものの円滑に契約を結ぶことができました。無利子での借り入れサービスについてもスタッフさんが対応してくれました。窓口対応のメリットは、抱いている疑問点について親切かつ明瞭に答えてくれることです。安心が得られます。
キャッシングが無利子で行えるのは、大変便利でお得です。感謝して居ます。
誰もが気になるであろう金利ですが、無利子サービスを使うことによって、そんなことを気にしないで借り入れすることができます。みなさんもお金がが必要な時はぜひ優先的に利用してみてはいかがですか。

学生時代に利用したキャッシング

学生時代にキャッシングの負の連鎖に陥りました。振り返るとあのころは無茶をしたなという印象ばかりです。もしも、せめて金利がまだ低いところで借入していたならば、幾分か楽しい大学生活だっただろうにと後悔しています。
学生時の私の収入源は、親からの仕送り、ゲームセンターでのバイト代、くわえて奨学金でした。ふつうならこれで十分なのでしょう。ただ、収入に見合わない出費をしていました。サークル活動での飲み会、流行りの洋服の購入、はては彼女とのデートでの散財です。湯水のごとくお金を使い、すぐに生活に窮してしまうにいたります。そうして、周りの多くの友人たちが利用していたこともあり、学生カードをキャッシング業者で作ることになったのです。手続きは簡単でした。店舗まで行って書類を書き、身分証明書を提出し、審査を受けるというものです。ごくごく短時間でカードができました。
ひとたびキャッシュカードを手に入れてしまった私は、その便利なことに甘えてしまい、お金が足りないときはすぐに借入れするようになってしまいました。何度も何度もです。完全に金銭感覚がおかしくなっていたというほかありません。大学4年生までに借りた金額は総額で、借入の上限いっぱいの50万円にまで膨れ上がっていました。
これは大変なことになったと気づいたのはその時です。
リボ払いでの返済だったので、生活費をなるだけ削ってまで、ちょっとでも多くの金額を返そうと刻苦しました。けれどもその一方で金銭感覚は狂ったままです。心の中では、自制心と欲望とが激しく葛藤していたのは言うまでもありません。ただただ苦しく、つらい生活でした。完済までの代償は大きいものでした。はじめてのボーナスも返済に回しました。そうやってなんとか完済したのです。

キャッシングで学んだ事

大学時代のキャッシングの苦い経験です。
学生のなりたての頃は楽しいものでした。学生時代の私は、奨学金をもらい、アルバイトをして給料をもらい、そのうえ親から十分な仕送りを受け取っていました。収入は十分すぎるぐらいにあって、学生生活を謳歌していました。生活に困ることは全くないはずでした。
けれども出費ばかりがかさんでゆきます。サークル活動のつながりで別の大学の男子学生と合コンを開いたり、身だしなみや流行が気になりだしたので、値の張るような洋服を買ってしまったりということがつづきます。くわえて当時、ある男子と付き合っていました。頻繁にあちらこちらへ出かけていたので、デート代だけでもかなりの出費があったのではないでしょうか。あれよあれよという間にお金は無くなってゆき、気が付けばどん底の生活になっていました。
そのときにはもう、少しの入用で生活が厳しくなるような状況でした。こうなったら仕方ないと、学生カードを作ってしまいました。いまでは後悔していますが、学生でも作れたうえ、当時の周囲の友人たちがつくっていたので、これといった不安もなく、軽い気持ちで作ってしまったのです。しかもカードの審査は簡単なものでした。けれども、これが私の人生をさらなる転落へと至らしめたのです。
カードを手に入れた私は、生活費が足りなくなったときはカードで借りればよいとばかり考えていました。手元のお金が無くなると、すぐにキャッシングに走っていました。大学3年までこんな生活が続きました。3年の冬に大変なことに気づいてしまいました。キャッシングで借りた金額がなんと利用限度額の50万円に達してしまったのです。頭から血がさっと引いてゆくのを感じました。現実に戻ったわたしは金額のことを疑ってみましたが、間違っているはずもありません。ここまできてはじめて事態の深刻さに気が付きました。はじめのうちはどうすればいいのか途方に暮れていました。親に話そうかとも思いましたが、そういうわけにはいかないと思い、自力で返済することに決心したのです。
返済を続ける中で、遊びは一切なくなりました。狂っていた金銭感覚を元通りにするのは並大抵のことではありません。お金の使い方も今までと正反対に矯正して、一生懸命に返済し続けました。
大学時代だけでは返済は終わりませんでした。就職後最初のボーナスも使わず、友人たちとの食事の誘いもひかえて返済に充て続けました。そうやってやっとの思いで完済にこぎつけました。あのつらい返済生活があったからこそ、いま堅実な生活を送れているのだと思います。身の丈に合った生活をしなければならないと学んだ返済生活でした。

キャッシング・カードローンを借入する時の方法を理解しましょう

具体的に言いますと・・・

初心者がキャッシングやカードローンを利用する場合、手続きが良く解らず
焦ってしまうケースが多いと思います。

・融資が実行する時のスピードは、申込の方法によって違いがあります。

・一番お勧めなのは、インターネットで借入の申し込みをしてから、
カード使用で自動契約機を利用する方法です。

どんな方でも初めてキャッシングやカードローンを利用する時には、
使用方法が解らず、焦りと不安で右往左往してしまうものです。

今回は、初めての方でもキャッシングやカードローンの借入が
スムーズに進行出来る様に、お金の借入の方法について書いてみようと思います。

1・融資を実行するまでの流れは次の通りです。

これから、借入をキャッシングやカードローンで利用する方法を説明いたしますが、
その前に融資を実行するまでの流れについて簡単に書いて行きます。

?・借入を希望する本人が申込みをする

②・金融会社が審査をする

③・金融会社が審査結果を通知する

④・契約成立が決定される

⑤・金融会社からカードが発行される

⑥・金融会社から融資が実行される

以上の通りとなります。

提出しなければならない必要書類は、本人確認書類と収入証明書類の二つです。

?の借入本人が申込みをする時や

④の契約成立が決定される時に必要となります。

本人確認書に必要なものは、本人個人が所有している
運転免許証や健康保険・パスポートのいづれかになります。
又、収入証明書類に必要なものは、源泉徴収票か給与明細書などです。
この場合、他の金融会社から借金をしているケースや
申し込む借入の金額が大きい時には収入証明書が必要です。

2・キャッシングやカードローンでお金を借入する時の申し込み方について

お金を借入する本人がカードローンやキャッシングをする時に
どの様に申し込むのかを書いて行きます。

実は、消費者金融や銀行などにおいて、
借入の申し込み方は基本的には同じです。
その際には、個人について必要な情報を申告します。
個人情報とは何かと言いますと、
例えば、本人の氏名や生年月日・現在住んでいる場所・勤務先・何年働いているか・社員かアルバイトなのか・、
または年収・居住の年数・一緒に同居している人や連絡先・他の金融会社からの借入の歴史・などです。
以上の件は審査をする時に絶対に必要です。

具体的な申込の流れは次の様になります。

 
 ・パソコンやスマホ・もしくは携帯から申し込む事ができます。
  
 ・電話による申し込み方法
 
 ・郵送による申し込み方法
 
 ・店頭からの申し込み方法
 
 ・自動契約機からの申し込み方法

実際に融資を実行するまでのスピードについてですが、
それはどの申込方法を選ぶかによって、影響があります。
どうしても急ぎで借入を申し込みたいと思うのであれば、
平日の昼間なら、店頭や自動契約機の申し込みが良いでしょう。
又、平日に時間が取れず、夜間や休日祝日に申し込みを希望したいと言うケースの時は、
インターネットから申し込んでおき、その後、自動契約機を利用してカード受け取りをするのがお勧めです。
即日に融資が出来る可能性もあります。始めての借入をキャッシングやカードローンで利用したいと言う方には、
自動契約機や電話申し込みでの手続きの方が、解らない点を解決しやすくなるのでお勧めです。

3・キャッシグやカードローンを審査する時の方法について

〇借入の申し込みが完了したら、次に金融機関による審査を行います。

借入が出来るか出来ないかの判断は消費者金融のケースでは
申込みを完了した時に、決定される会社が多いです。
すぐにはわからない場合でも、大体の金融機関では、当時の内に審査の結果が報告されます。
審査の判断は、借入を申し込んだ本人により申告された情報を元にして、
信用情報機関などに記録されている過去・現在の借入があるかないか、
返済の滞納などが無いか等をチエックして決定されます。
絶対に嘘の報告はいけません。どんなにお金を借りたいからと言って、
他にお金を借りている事や金額をごまかしても
信用情報機関でチエックしますので、すぐにばれてしまいます。
嘘がばれると後でどんなに取り繕っても、
審査が通らなくなる可能性がありますからありのままに申告してください。
お金の借入出来る可能な金額は、本人が働いている年数や年収などから計算されて決定します。
ちなみにキャッシングやカードローンを利用する場合、
消費者金融では働いている年収の3分の1が借入可能金額となります。

4・キャッシング・カードローンを契約する時の借り入れ方法とは?

〇契約について

さて、審査が無事に完了したら、いよいよ契約に移ります。
契約方法には、色々な選択方法があり、
郵送やインターネット・店頭・自動契約機などを利用する事ができます。
その中で得に、インターネットや自動契約機が一番お勧めです。
なぜなら、この方法ですと、契約をすぐに完了する事が可能だからです。
例えば、インターネット上から内容をチエックして、
必要である書類をメールやアプリで送信して、
契約を行う事が消費者金融や銀行で出来るからです。
この方法ですと、郵送や書類を送る手間が
省けますので、すぐに手続きをする事が出来ます。
すぐに契約が完了しますので、カード発行が早くなり便利です。

〇カード発行について

自動契約機や店舗、または郵送などでカード発行が行えます。
即日発行できるので自動契約機や店舗が便利です

本人の事情によっては自動契約機や店舗に行く事が出来ない時もあるかと思います。
そんな時には本人名義の口座に振り込んでもらえるインターネットや電話依頼がお勧めです。
所要時間を短くできるので、用事などがあり急いている時には、
自動契約機とカード発行で、済ませるのも一つの方法です。

〇借り入れ方法について
キャッシングやカードローンが便利な理由の一つとして、
カードを発行しておけば、日本全国どこからでも提携するATMを利用できると言う点にあります。
また、コンビニやスーパーに設置されているATMを利用すれば比較的、探すのにも苦労しなくてすみます。
他には、自分の口座に、直接振り込んでくれるインターネット申込み方法も便利です。

サービスによっては、夜休日の申し込みでも、ほぼ1分以内で、
手数料なしで振り込み可能と言うキャッシングやカードローンもあるのでお勧めです。

〇次の様にまとめてみました

 ?・どのキャッシングやカードローンでも基本的には必要書類を用意します。

 ?・急ぎの場合にはインターネット申込後、自動契約機でカード発行がお勧め

 ?・平日申込の場合、インターネットで即日融資が可能。

 ?・カード発行以外の方法で借入を行う時は、
  インタネットや電話を利用して手数料無料の口座振り込みキャッシングがお勧め。

クレジットカードの審査が通らない人の場合・カードローンの審査なら通りますか?

具体的に言いますと・・・

みなさんはクレジットカードとカードローンの違いについてご存じですか?

何と言っても一番の大きな違いは、買い物に利用出来るか出来ないか
(商品を購入する際、代金の決済に使用出来るか出来ないか)にあります。

・審査をする場合の内容と項目はクレジットカードもカードローンも同じですが、
それぞれには利用方法の仕組みに違いがあります。

・審査対象の内容が同じですから当然、クレジットカードの審査に通らない場合、
カードローンの審査も通らない可能性が高くなります。

この頃のクレジットカードには、キャッシング機能が付いていますので、
お金の借入に利用すると言う点から、カードローンと似たようなシステムであると
勘違いされるケースが多いのですが、勿論それぞれに使用方法に違いがあります。

今回は、
「クレジットカードの審査が通らない人の場合・カードローンの審査なら通りますか?」
 という疑問について書いてみようと思います。

◇クレジットカードとカードローンにはどの様な違いがあるのでしょうか?

聞いた話なのですが
クレジットのカードの審査がダメだったので、焦ってカードローンの審査を
申込みまくってしまった・・という人がいるようです。
それが正解なのか間違いなのかは、取りあえず横に置いといて、
まずはクレジットカードとカードローンそれぞれのシステム機能について
理解してゆきたいと思います。

クレジットカードとカードローンの違いとは、いったいどこにあるのでしょうか?
その違いとは、そのカードを利用してお買い物が出来るか出来ないかにあります。
クレジットカードの場合ですと、日常でお買い物をしたい時や
旅行をする時の代金支払いサービス、
あるいは公共料金を支払いしたい時などに利用できるのが特徴です。
発行の多くがお店と提携しているケースが目立ちます。

最近では、すっかり一般的となったネットショッピングなどでも利用する事が可能です。
反対にもう一つのカードローンの場合ですと、同じ様な利用方法では使用できません。
一見すると、クレジットカードの方がカードローンよりも
優れているイメージを持たれる方もいるようです。
なぜならばクレジットカードにはキャッシング機能を付ける事ができるからです。
しかし、お金の借入という視点から注意して観察すると、そうとも限らないようです。
一体なぜなのでしょうか?その理由をこれから詳しく書いて行きます。

◇お金を借入する時の上限はどれ位あるのでしょうか?

クレジットカードの場合ですとキャッシングの枠内は一番多くて100万ほどに限定され、
ショッピングで利用する金額と合わせて計算する形となります。
それに対して、カードローンの場合なら500万円まで限度枠が利用できるケースもあります
(注・事業性資金の借入はできません)

◇金利の違いについて

金利についてはクレジットカードのキャッシングを
利用した場合の方が若干ですが割高となります。
一方で、カードローンを利用する場合ですと
借入をする限度額の違いに応じて金利が下がるケースがあります。

◇返済方法は、どの様にすれば良いのでしょうか?

返済方法としては家計の管理の事を考えると、カードローンのリボルビング払い(リボ払い)の方が
毎月決まった日に返済が出来るので便利と言う利点が挙げられます。
ちなみにクレジットカードのキャッシングの場合ですと一般的には翌日一括払いが基本です。
以上の点からみても、この様な違いがみられます。
しかし、最近ではクレジットカードでキャッシングを利用する場合でも、
リボ払いが出来る種類のものが増え、
繰り上げ返済などを利用する事も出来るようになったので
次第に利用に差がなくなりつつあります。

◇クレジットカードやカードローンの違いは、どこにありますか?

審査をする場合、クレジットカードにもカードローンにも、
実際には殆ど、確認の項目に大きな変化や違いはありません。
審査項目については次の様になっています。

①・属性の項目が満たされているか

属性とは、借入を希望する本人の職業や年収、家族構成がどうなっているのか、
現在の居住地には何年住んでいるのか?などの情報の事を言います。

返済能力をチェックする時にはこれらを総合的に点数化して決定する時の材料にします。
審査に必要な申込書には間違いのない情報を記入しなければなりません。
その他、身分を証明できる免許証などや、
本人の返済能力を見極める為の収入書類
(源泉徴収票や納税証明書等)が必要となります。

◇信用情報の意味とは?

信用情報とは、
クレジットカードやカードローンなどを利用した際の履歴の事を言います。

管理は、信用情報機関であるJICCやCIC(CREDIT INFORMATION CENTER)にあります。
過去に返済を滞納した・・などの経歴があれば、
機関で照合されて、断られる可能性があります。

◇在籍確認とはどんな事でしょうか?

借入を希望する本人の働いている職場に、金融会社の担当者が電話を掛け、
審査の申し込み書類に記入されたている内容と勤務状態が同じであるかを
確認する事を在籍確認と言います。

◇総量規制の対象者になっていないかをチェックします。

総量規制とは、クレジットカードでお金を借入る場合、
収入の3分の1までなら借入が可能であると言う法律の事です。
もし、他の金融会社からすでに年収の3分の1よりも超えてお金を借りている場合、
審査が通りませんので注意しましょう。

以上の様な条件をクリアしていれば、クレジットカードやカードローンなどを
利用する条件を満たしている事になります。
しかし、カードローンはクレジットカードと比べて若干ですが審査が難しいというのが現実です。
なぜならば、クレジットカードは、商品代金の決済に使用できるため商品を
担保に出来るという利点があるのに対して、
カードローンの場合は利用が多目的であるために担保となるものが無いからです。
その様な点から考えてみますと、クレジットカードの審査に落ちてしまった人の場合、
カードローンの審査でも通りづらい可能性が高いと言えるでしょう。

◇借入を申し込む前に今一度、チェックしましょう。

クレジットカードやカードローンには、それぞれお金を借入する人の希望や
目的を叶える為のもので仕組みや審査の基準はそれぞれに違いはありますが、
どちらにしても非常に役に立つものです

借りたお金を返す事は当然の事ではありますが、もしも返済を滞納してしまいますと、
今後の信用情報に傷を残す事になり、必要な時にカードを作れなくなる可能性がでてしまいます。
また、あせって、やみくもに申し込みを行った際、
ますます信用を失い、審査が通らなくなってしまう事でしょう。
金融会社によっては、ホームページで借入が可能かどうかを診断できるようになっていますので
一度、そちらで確認してみる事をお勧めいたします。
クレジットカードの審査におちてしまい、
カードローンに申し込みをするべきか悩まれた際には、
審査の対象基準に満たしているのか今一度、チェックしてみて下さい。