消費者金融とクレジットカードってどの様に審査が違うのでしょうか?

ざっくばらんに言ってしまいますと・・・

・審査の方法が消費者金融とクレジットカードでは違います。
・キャッシング・カードローンの機能をメインとするのが消費者金融ですが、
クレジットカードの場合、キャッシングの機能をすべての人につけるとはかぎりません。
・すでに、他の消費者金融でお取引をしている場合、クレジットカードの審査を希望しても、
融資枠が限界となり審査が通らなくなる事があります。

◇審査によるポイントの違いとは?・クレジットカードと消費者金融ではどの様に違うのでしょうか?

キャッシング機能に注目するか注目しないかによってクレジットカードと消費者金融の審査のポイントに違いが出てきます。
キャッシング機能とは現金を借り入れする事なのですが、利用目的の違いによりクレジットカードと消費者金融に使い道が分かれます。
現金を必要な時に借りる時、どちらのカードでもキャッシング枠をつけて
キャッシングを行う事ができます。
しかし、クレジットカードと消費者金融では、同じ様に審査が通ってもキャッシング機能の特徴に違いがあります。

◇消費者金融によるキャッシングとはどの様なものでしょうか?

キャッシングは消費者金融会社が発行しているカードを使用します。
現金の引き出しは融資の限度枠の範囲内でいつでもどこでもATMなどで借入る事が出来ます。
銀行系よりもリスクが高く、金利も高いのですが無担保で保証人が必要ないため借りやすいのが特徴です。

◇クレジットカードの場合、キャッシング機能はどの様になっているのでしょうか?

例えば、お買い物をデパートやスーパーなどで、ショッピングを楽しみたい時に発行されるカードがあります。
この様に、商品を買う為にカードを利用する訳ですから、
クレジットカードを持っているからと言って必ずキャッシングをすると言う事ではありません。
滞納さえしなければ、クレジットカードも消費者金融の場合も一度審査に通してありさえすればずっと使用する事ができます。
ではどの様な違いがあるのかと言いますと、元々、お買い物をするためのクレジットカードとキャッシングする為の消費者金融では審査の方法が異なるのです。
例えば、クレジットカードを申し込みたい時に、目を通さなければならない約款についてですが、
(全部読まれていない方もいらっしゃる方もいるかもしれませんが)それには「商品を購入してから返済が終わるまで、
その所有権はクレジットカード会社が持っている」と書かれてあります。
ですから、キャッシングの審査の場合、保証人や担保は必要ない代わりに利息が高く、
そしてクレジットカードの返済が終わるまでは商品を担保にするという部分が特徴が大きく違ってくる点です。
一見、同じ様に見える消費者金融とクレジットカードですが審査の通りやすさや担保を持つことができるクレジットカードの方が、
一つ軍配が上と言う事になると思います。。

◇消費者金融の審査をする時の流れについて

 では早速、審査の流れがどの様になっているのか消費者金融とクレジットカードそれぞれに簡単に見てゆきましょう。

 キャッシングカードを消費者金融で作る場合

公式サイトを見てみますと消費者がクレジットカードの審査を受けるために記入する時、
3秒診断や一発審査OKなどと言った文章を見かけると思います。
このシステムは、大体の審査結果を機械的に示して簡単に申込項目を行えるようにしたものです。
本当に契約をする事ができるのか、どれ位お金を融資してもらえるかは、
本審査にすすんでからでないとはっきりした結果を知る事はできません。

ですが、自分の名前や生年月日、住んでいる場所や雇用形態など、
本人に対しての一般的な項目を記入するだけで解ると言う事は非常に便利だと思います。
この頃では、申込者の利便性が高くなってきています。
特徴としては借り審査と本審査のタイムラグが狭まっている事が挙げられています。
とは言うものの、審査そのものについては簡単に本検査まで流れるという訳ではありません。
本審査の完了のお知らせは早くて、数十分や一時間程度で解ります。
でも審査は実は厳しいもので、本人の申し込んだ内容に嘘がないかや
過去に他の金融会社での利用歴や借入の状態などを個人信用情報機関を利用して調べられます。
最後の判断は審査をしている担当者が決める事となり、この部分だけは機械的に行われる事はありません。
無担保で保証人が要らないのが消費者金融の魅力とは言うものの、やはり融資する方としては、
万が一、相手が返済してくれなかった時のリスクを考えますのでしっかり審査を行っているのです。

◇クレジットカードを審査する時の流れについて

 それではクレジットカードの審査について詳しく書いてゆきたいと思います。

クレジットカードの申し込みを希望する時

基本的な審査方法についてですが、クレジットカードの場合でも消費者金融と同じ流れになります。
しかし、クレジットカードの審査の場合は借り審査というものが存在しません。
申し込んだらすぐに本審査に入る事になります。
クレジットカードの審査で一番に重要視される点は借入する人の勤務している会社や働いている年数などです。
お金を借りようする人の仕事内容や毎月の収入はどれくらいで安定しているのかなどを調査します。
クレジットカードとはこの様に毎月返済してゆかなくてはならないショッピングの額に対して、
返済能力があるかないかを審査する傾向が強くなる所が特徴としているのです。
ところで、ほとんどの人が消費者金融のカードよりもクレジットカードの審査を先にしている人の方が多いようです。

その時に、年頭に入れておかなくてはならないのが賃金業法の規定で、
これは借り入れる人の収入に対して、3分の1までしか融資枠を受けられない法律の事で国が定めたものです。
どうゆう事かと言いますと借り入れを希望する人がほかの金業者から複数のカードを所持している場合、
新たにクレジットカードを作りたい時に融資の限度がオーバーしていると審査ではじかれて落ちてしまう事があるのです。
以上の点から、クレジットカードが消費者金融と、
どの様に違うかと言いますと返済がすべて完了するまでは商品が担保として扱われる事や
キャッシングの枠を付加的な機能としてポイントに挙げているという点にあります。

借用書の書き方を知っていますか?

キャッシングでお金の借入をする時に、
金融会社が発行しているカードをどの様に使うのかを説明したいと思います。
カードローンは金融会社によって手続きの仕方が多少違って来ます。
ですが、基本的な流れや方法は大体の所は同じやり方です。

◇カードを作る為には、審査を通過しなければなりません。

金融会社専用のカードを作ればキャッシングをする事ができます。
あなたに返済の能力があるかをチエックするために、
金融会社の指定した証明書類を郵送します。
最近ではWEBから申し込みが出来る金融会社が殆どですから、
必要な情報を入力して送信するだけでよく面倒な手間が省けます。
その後で在籍確認など更に必要な手続きを済ませます。
審査が無事に通過したら先方からカードが配送されます。
そのカードを利用してキャッシングを行う事が出来ます。
無事に審査に通ると、いよいよカードが送られてくるので、
それを使ってキャッシングする事になります。

◇キャッシングで借入をする時、どこを利用すればいいの?

キャッシングを利用する為にはATMに行き、カードを使用して現金の借入を行います。
借りたいお金は自動支払機であるATMの中に保管されているからです。
それでは、お金を借りる為には
必ずカードを作った金融会社まで出かけなければいけないのでしょうか?
・・現在ではその必要が無くなりました。
基本的には、最近の金融会社ではキャッシングサービスで借入を行う際に、
金融機関がそれぞれのATMと提携している為、
借入をしたい本人の近くにあるATMを利用して
簡単に現金を借りる事が出来る様になったのです。

提携先のATMについてはカードを利用する金融会社によってそれぞれ違いますから
HPなどでチエックしてみてください。
もしも、ゆうちょ銀行と提携している金融会社でしたら、
日本中のATMからお金を借入することができるのでお勧めです。
この頃では、店舗が存在しないネットバンクも多く出てきたのですが、
店舗とATMが存在しない場合、どうやってお金の借入を行うのかと言いますと、
共同利用できるATMと提携関係を結び、
利用者が簡単にいつでも近くでカードを使用できるようになっています。

◇カードキャッシングを楽天銀行で利用する時の使い方

もしも、あなたが楽天銀行でキャッシングを希望する場合、
どうやってカードを利用するのかをチエックしてみましょう。
楽天銀行でキャッシングを利用する場合には、
銀行やあなたの身近にあるコンビニのATMや、
ゆうちょ銀行ATMなどでカード利用を行います。
ATMでカードを利用する時には暗証番号を入力します。
暗証番号は常にメモなどに記入しておくか、もしくは不安でしたら
暗記して覚えておくと良いでしょう。

◇あなたの身近にあるコンビニのATMを利用方法について

①・端末機にカードを入れます
②・「ご出金」のボタンを選択します
③・暗証番号を入力してください
④・1万円以上の金額を入力したら「円」と「確認」のボタンを押します
⑤・一括にするかリボルビング払いにするかを選択します
⑥・最後に、明細と現金・カードを受け取ります

◇指定された銀行ATMの利用方法について

 ①・端末で「クレジットカード」のボタンを選択します
 ②・カードを端末機に入れます
 ③「出金」のぼたんを選択します
 ④暗証番号を入力してください
 ⑤1万円以上の金額を入力したら「円」と「確認」のボタンを押します
 ⑥一括にするかリボルビング払いにするかを選択します
 ⑥最後に、明細と現金・カードを受け取ります

ちなみに楽天銀行の場合は海外でもATMが利用できますので
海外旅行に出かける時には非常に便利です。
しかし、カードの使用方法は基本的に同じですが、
端末表記は外国語となりますのでご注意ください。

◇ネットキャッシングでもお金の借入をする事が可能です。

普通のキャッシングでしたなら、ATMに出かけて、
作ったカードを利用してお金を引き出すのですが、
貯金と言う形態として現金の借入を行う事ができる口座振り込みという方法があります。
この頃では色々な事業者で行われているのですが、
例をとって楽天銀行のシステムからご紹介したいと思います。

楽天銀行のカードを発行しますと、
利用する際に利用代金を引き落とす為の口座を開設する事になります。
まずは、こちらの口座の方に貯金と言う事で振り込みをします。
口座で貯金という形態で振り込みをしているために、
貸付を受ける準備が整うと言う事です。
やり方はパソコンの画面から、どれ位お金を借りたいのか、
返済方法はどうするのかを選択して、
最後にカードの暗証番号を入力すれば終了です。
この場合、主には現金としての機能と言うよりも、
引き落としに利用する為の資金や口座振り込み先の相手に
資金を調達する時などに便利です。
この方法でキャッシングを行う時にはカードを利用しなくて済みます。

◇返済をする時のカードキャッシングの使用方法について

クレジットカードを使いお金の借入をしたら当然、
決められた返済日にお金を返済しなくてはなりません。
返済する際には利息が加算されます。
返済する時のカードの使用方法について、ご説明いたします。

金融会社によって返済方法は多少違いがあります

 ?・身近なATMから入金する方法
 ?・引き落とし口座から引き落とす方法
 ?・相手口座に振込をする方法

この様に返済は色々な方法に別れます。
一番多いのが提携のATMを使用して入金返済する方法です。
楽天銀行の場合の返済方法はカードを作った時の
開設口座から引き落とすという形態をとっています。
一回払いで返済する時には、あらかじめ指定されている支払の日に
利息を加算された金額で自動的に引き落とされる事になります。
リボルビング払いで返済する時には、
計算方式が所定で決められた一定額を毎月引き落としされる形となります。
毎月行われる返済金額については、
使用しているカードの契約日や利用可能枠・融資残高などによって決められています。

カードによるキャッシングの返済方法は殆どの方が分割払いを利用されています。
確かに便利なのですが、借り過ぎにより利息が加算してしまます。
後で返済に苦労されませんように、くれぐれもご注意下さい

◇念入りな計画を立てて、カードキャッシングを上手に利用しましょう

カードキャッシングの便利な所は、限度枠内でありさえすれば、
どんな時にも取引ができるという点にあります。
簡単に使用できてしまうので、ついつい借金をしているという
現実味が薄れやすくなると言うのが欠点です。
月並みな言葉になってしまいますが、
どんな時にもリスクを忘れず計画的に利用をされます事をどうかお忘れなく。
本当に必要な時だけ利用して安易な借入は控えるようにしてください。

カードでお金を借入する時の使い方・キャッシングの方法について

キャッシングでお金の借入をする時に、
金融会社が発行しているカードをどの様に使うのかを説明したいと思います。
カードローンは金融会社によって手続きの仕方が多少違って来ます。
ですが、基本的な流れや方法は大体の所は同じやり方です。

◇カードを作る為には、審査を通過しなければなりません。

金融会社専用のカードを作ればキャッシングをする事ができます。
あなたに返済の能力があるかをチエックするために、
金融会社の指定した証明書類を郵送します。
最近ではWEBから申し込みが出来る金融会社が殆どですから、
必要な情報を入力して送信するだけでよく面倒な手間が省けます。
その後で在籍確認など更に必要な手続きを済ませます。
審査が無事に通過したら先方からカードが配送されます。
そのカードを利用してキャッシングを行う事が出来ます。
無事に審査に通ると、いよいよカードが送られてくるので、
それを使ってキャッシングする事になります。

◇キャッシングで借入をする時、どこを利用すればいいの?

キャッシングを利用する為にはATMに行き、カードを使用して現金の借入を行います。
借りたいお金は自動支払機であるATMの中に保管されているからです。
それでは、お金を借りる為には
必ずカードを作った金融会社まで出かけなければいけないのでしょうか?
・・現在ではその必要が無くなりました。
基本的には、最近の金融会社ではキャッシングサービスで借入を行う際に、
金融機関がそれぞれのATMと提携している為、
借入をしたい本人の近くにあるATMを利用して
簡単に現金を借りる事が出来る様になったのです。

提携先のATMについてはカードを利用する金融会社によってそれぞれ違いますから
HPなどでチエックしてみてください。
もしも、ゆうちょ銀行と提携している金融会社でしたら、
日本中のATMからお金を借入することができるのでお勧めです。
この頃では、店舗が存在しないネットバンクも多く出てきたのですが、
店舗とATMが存在しない場合、どうやってお金の借入を行うのかと言いますと、
共同利用できるATMと提携関係を結び、
利用者が簡単にいつでも近くでカードを使用できるようになっています。

◇カードキャッシングを楽天銀行で利用する時の使い方

もしも、あなたが楽天銀行でキャッシングを希望する場合、
どうやってカードを利用するのかをチエックしてみましょう。
楽天銀行でキャッシングを利用する場合には、
銀行やあなたの身近にあるコンビニのATMや、
ゆうちょ銀行ATMなどでカード利用を行います。
ATMでカードを利用する時には暗証番号を入力します。
暗証番号は常にメモなどに記入しておくか、もしくは不安でしたら
暗記して覚えておくと良いでしょう。

◇あなたの身近にあるコンビニのATMを利用方法について

①・端末機にカードを入れます
②・「ご出金」のボタンを選択します
③・暗証番号を入力してください
④・1万円以上の金額を入力したら「円」と「確認」のボタンを押します
⑤・一括にするかリボルビング払いにするかを選択します
⑥・最後に、明細と現金・カードを受け取ります

◇指定された銀行ATMの利用方法について

 ①・端末で「クレジットカード」のボタンを選択します
 ②・カードを端末機に入れます
 ③「出金」のぼたんを選択します
 ④暗証番号を入力してください
 ⑤1万円以上の金額を入力したら「円」と「確認」のボタンを押します
 ⑥一括にするかリボルビング払いにするかを選択します
 ⑥最後に、明細と現金・カードを受け取ります

ちなみに楽天銀行の場合は海外でもATMが利用できますので
海外旅行に出かける時には非常に便利です。
しかし、カードの使用方法は基本的に同じですが、
端末表記は外国語となりますのでご注意ください。

◇ネットキャッシングでもお金の借入をする事が可能です。

普通のキャッシングでしたなら、ATMに出かけて、
作ったカードを利用してお金を引き出すのですが、
貯金と言う形態として現金の借入を行う事ができる口座振り込みという方法があります。
この頃では色々な事業者で行われているのですが、
例をとって楽天銀行のシステムからご紹介したいと思います。

楽天銀行のカードを発行しますと、
利用する際に利用代金を引き落とす為の口座を開設する事になります。
まずは、こちらの口座の方に貯金と言う事で振り込みをします。
口座で貯金という形態で振り込みをしているために、
貸付を受ける準備が整うと言う事です。
やり方はパソコンの画面から、どれ位お金を借りたいのか、
返済方法はどうするのかを選択して、
最後にカードの暗証番号を入力すれば終了です。
この場合、主には現金としての機能と言うよりも、
引き落としに利用する為の資金や口座振り込み先の相手に
資金を調達する時などに便利です。
この方法でキャッシングを行う時にはカードを利用しなくて済みます。

◇返済をする時のカードキャッシングの使用方法について

クレジットカードを使いお金の借入をしたら当然、
決められた返済日にお金を返済しなくてはなりません。
返済する際には利息が加算されます。
返済する時のカードの使用方法について、ご説明いたします。

金融会社によって返済方法は多少違いがあります

 ?・身近なATMから入金する方法
 ?・引き落とし口座から引き落とす方法
 ?・相手口座に振込をする方法

この様に返済は色々な方法に別れます。
一番多いのが提携のATMを使用して入金返済する方法です。
楽天銀行の場合の返済方法はカードを作った時の
開設口座から引き落とすという形態をとっています。
一回払いで返済する時には、あらかじめ指定されている支払の日に
利息を加算された金額で自動的に引き落とされる事になります。
リボルビング払いで返済する時には、
計算方式が所定で決められた一定額を毎月引き落としされる形となります。
毎月行われる返済金額については、
使用しているカードの契約日や利用可能枠・融資残高などによって決められています。

カードによるキャッシングの返済方法は殆どの方が分割払いを利用されています。
確かに便利なのですが、借り過ぎにより利息が加算してしまます。
後で返済に苦労されませんように、くれぐれもご注意下さい

◇念入りな計画を立てて、カードキャッシングを上手に利用しましょう

カードキャッシングの便利な所は、限度枠内でありさえすれば、
どんな時にも取引ができるという点にあります。
簡単に使用できてしまうので、ついつい借金をしているという
現実味が薄れやすくなると言うのが欠点です。
月並みな言葉になってしまいますが、
どんな時にもリスクを忘れず計画的に利用をされます事をどうかお忘れなく。
本当に必要な時だけ利用して安易な借入は控えるようにしてください。

キャッシングやカードローンの時に行う在籍確認のやり方について

具体的に言いますと

・在籍確認を必ず行うのがキャッシングやカードローン申し込みの法則です。

・しかし、借り入れを行う人の勤め先にカードローンの会社から電話を入れる時には必ず個人名でかけるので安心です。

・勤め先への在籍確認が嫌だからと言って審査が通らなくなってしまうような嘘の登録をしてはいけません。

◇そもそも在籍確認って何ですか?

在籍確認と言うのはキャッシングやカードローンでお金を借入したい時に
登録した申し込み内容に書き間違いや嘘などがないかを確認する為の方法です。
借り入れを申し込む人が申告している通りにしっかりとした収入があるのかどうかを審査する事は
キャッシングやカードローン会社にとって返済の点で最も重要視とします。
借り入れを希望する人はカードローンやキャッシングをつくる時、
申込書に自分の勤め先を書いて提出する事が定められ、その登録されている内容が本当かどうか、
その勤め先で労働されているのかを在籍確認で調べるのです。

◇在籍確認をする時に大切な事。

キャッシングやカードローンを作るための在籍確認を実際に行われる場合、大切な事は次の3つです。

・①在籍確認の審査を担当する人は必ず個人名で電話を掛ける事。

・②借入を希望する本人が電話に出た事を確認してから在籍確認であることを告げる事。

・③借入をする本人が急病で会社を休んでいたり電話に出られなかったりしても
職場で勤務している事を把握できていれば在籍確認とみなせる事。

在籍確認のための電話は借入を申し込んだ本人の勤め先に直接掛けてチエックします。
カードローンやキャッシングを行っている金融会社のス担当タッフが実際に電話をして確認しています。
勤め先に金融会社から電話が来ると聞くと
「会社の人に自分のプライベートなお金の事で色々と詮索されたらいやだな」
と思われるかもしれませんよね。
それにキャッシングとかカードローンなどからお金を借りるのが解ってしまうと
「あの人はお金の事で何かトラブルがある人なのかな?」と思われてしまいそうで
マイナスイメージにつながると心配する人もいるのではないかと思います。
その点に関しては金融会社の担当スタッフも本人のプライベートに関しての事なので
非常にデリケートな対応を心掛けています。
電話する時にも「○○と申しますけれども○○さんはいらっしゃいますか?」などと
必ず個人名で電話を掛けるようにしているのです。
コレラの事については賃金業法というものが制定されていて、
プライバシーを保護するために義務づけられているものでもあります。
ですから「こちらは○○キャッシング会社です」とか
「○○カードローンでございます」と直接的な言葉による電話対応で
在籍確認をする事はないので心配する必要はありません。

◇在籍確認をする時の内容とはどの様なものでしょうか?

電話は借入をなされる本人自身と直接対応出来た時だけ在籍確認で有る事を告げます。
在籍確認の電話が実際に掛かってきたら・・と思うと、
ちょっと緊張成されるかもしれませんが実は内容的にはそれほど複雑ではありません

殆どの場合はこの様な内容になっています。

「○○キャッシングの山田と申しますが、
 このたびはカードローンにお申し込みを頂きまして本当にありがあとうございます。
 ただいまのお電話により在籍確認が取れましたので引き続き審査を継続させていただきたいと思います。
 お忙しい中、本当にお手数をおかけいたしました」

例え仕事中だとしても在籍確認の電話対応は大体が1分位であることがほとんどです。
ですから心配する程に複雑ではなく、割と簡単に済ませる事が出来るのです。

◇在籍確認で審査が通らない場合があります。

しかし、在籍確認とは借入を希望する本人がキャッシングやカードローンを作るために
適した条件を持っているかいないかを確認する為のものですから、
当然、確認した結果として審査が受け入れられない時があります。
普通なら内容さえしっかり間違っていなければ起こりえない事ではあるのですが、
一体どの様な時に、こういったケースが起こるのでしょうか

・1、申し込んだ職場で働いていなかったり、退職した企業名で申込んだ時。

・2、申し込まれた会社に電話をしても本人が勤務していないと判断された時

・3、電話に出た人におかしな電話が来たと勘違されてしまった時

当たり前の事ですが、借入の申し込み内容には返済に必要な収入原となります、
現在働いている勤務先の連絡先を把握できるように、記入しなければなりません。
もしも書かれていた職場が以前に働いていた職場だったり、
全く働いた形跡のない職場だったりすれば、
それは嘘の内容で申込んだことになってしまいます。
緊急でお金が必要な時に、
どうしてもキャッシングカードやカードローンを作りたいと苦し紛れの申請をしても、
結局審査に落ちてしまい、その後また別の機会に再び申し込んでも信用されず
スルーされてしまいますから注意しましょう。
嘘の申し込みなどは、絶対にやらないでくださいね。
その外にも、割と組織の大きな会社に勤務していたり部署が複雑に分かれている職場だったりすると、
電話を受け取った人が勘違いをして在籍はしていませんと言ってしまう事もありますし、、
似たような名前ですと聞き間違えから受け答えにミスが起こるかもしれません。
その様な心配がおこりやすい職場で働いている場合には、
自分が働いている部署に直接つながる電話番号を念のために書いておいた方がよいでしょう。
正社員の場合はその様なミスは比較的すくないかもしれませんが、
入れ替わりの激しい契約社員や派遣社員、
またはアルバイトやパートなどの人などは特にその点に気を付けて記入してください。

◇在籍確認の必要がない消費者金融もあります

在籍確認はキャッシングやカードローンを作る時には必ず必要と言ってよいのですが、
実は電話で行われる在籍確認をしなくてもよい消費者金融もあります。
その場合は条件として始めから指定されている銀行口座や提出する書類などが揃っている事と
借入を希望する本人が融資額を決めるのではなく金融会社の方で決めた額であったりする事がほとんどです。
その様なケースの時には在籍確認を行わずにキャッシングやカードローンを作る事ができます。

以上の様に例外を除いては、キャッシングやカードローンを作る時に殆どのケースにおいて、
在籍確認をする事が必要になると覚えておいて下さい。

カードローンの金額は年収に左右されるものと左右されないものがあります

もしも、お金を賃金業者から借りる場合、今の自分の年収によって額が左右されると聞いたことがありませんか?
カードローンと言うものは、主に資金を無担保で貸し付けるものです。
しかし、一個人の借り手に借金をする場合、貸し手の方にはリスクとして貸し倒れの
心配が常に存在します。
例えば、私が誰かにお金を貸すとしたら、本当にその人がしっかり返済をしてくれるのか、ちょっと不安になってしまう事でしょう。
そんな時、何を基準に相手にお金を貸せるかと言いますと、それはやっぱり相手の人が信用できる人かできない人かにつきます。
具体的に言えば、貸したお金を相手が返済日の当日に確実に準備してくれるのか・・・という事です。
つまり、借りた時にはお金が足りなくて借りるけれど、返済する時には、ちゃんとお金をゲットして、
しっかり準備出来ているかどうかの基準が信用と密接にリンクするという訳です。
もちろん貸付業者としては返済の際に事故が起こらない為にも貸し付けを行う時に、独自の審査を徹底させている事と思います。
しかし、あくまでも商売ですから貸せば貸すだけ儲かるという事も踏まえて、貸付を過剰に行ってしまうケースもよく見受けられます。
その結果、いつの間にか借金が膨らんで苦しむ人が大勢増えてしまったのです。
そこで国が一つの制度をつくりあげました。
それは総量規制という制度の事です。
これは借りる人の年収の違いによって貸し付ける金額を規制するための制度です
この総裁規制がつくられたことにより
一部のカードローンを個人の年収の違いによって借りる額を決める事が出来る様になりました。

◇総裁規制ってどんな制度なのでしょう?

借りられる限度額には借りる個人の年収によって違いがあります。
例えばアコムやアイフルなどのカードローンを扱う消費者金融では
お金を借りる時に総量規制と言うものがあります。
単刀直入に説明いたしますと、年収の3分の1までお金を借りる事ができるという事です。
消費者金融業者は一つだけでなくて幾つもあります。
もしも複数の金融業者からお金を借りている場合、それも同時に含まれる事になります。
私がもしも300万円の年収をもっているとしたら100万円を借りる事が出来るのです。
つまり他の金融業者で60万円かりたとすると、その他の金融業者では40万円だけしか借りられません。
でも、一体なぜ3分の1なのでしょうか?
その理由は、人が充分な生活をする為には、毎月の収入において、例え返済金を引いたとしても、
残り金を3分の2ぐらい残す事が適切であると国の調査で知ったからです。
その点を踏まえて、法律を起用する事により、それ以上の貸付にならない様に規制する事が可能となった訳なのです。
ですから、お金を金融業者のカードローンで借りる時には個人の年収額の違いによって
お金を借りられる限度額も違って来ます。

その一方で、カードローンによっては総量規制がないものがある事をご存じですか?

◇カードローンには総量規制のないものがあります。

上記で述べたのが、年収によって消費者金融会社から借りられる額に違いが出る総量規制によるカードローンです。
賃金業者とは、お金を借りたい人に貸付を行う事によって利子を取得する事を職業としている事業者です。
総量規制の対象となる金融業者とは、登録されている番号をHPに記載している事業者の事を言います。
例えば、単一都道府県だけで営業している場合は都道府県知事の登録番号が示されています。
又、幾つもの都道府県で営業されている時には財務登録番号が示されています。

銀行カードローンの場合は総量規制を受けずにお金を借りる事が出来ます
何故ならば銀行での融資は賃金事業者の規制対象にならずにお客様に融資をする事ができるからです。
どうしてかと言いますと、銀行は個人的な貸し付けだけを行っている訳ではなく、それは一部の生業にすぎないからです。
ですから利子目的で生活の水準を脅かすような無理な貸し付けを行う危険は限りなく低いであろうと信用されている為です。
それから、お金を借りる人の生活を脅かすようなお金の貸付にならない様に、
融資の時には充分な審査を行われる事が期待されている事も理由の一つでしょう。

銀行カードローンの種類は複数あります
メガバンクの銀行カードローンには三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行などがありますし、
それ以外にもオリックス銀行・楽天銀行・イオン銀行などが参入しています。

◇銀行カードローンにはどのようなメリットがあるのでしょうか

・総量規制がありません
・安い金利で受ける事ができます
・利用は専業主婦でもOKです
・複数のローンを一つにまとめたり、借り換えを希望する事が可能です

 以上、このように利用する事ができます。

年収の3分の1の条件でお金を借りるとすれば収入が無いので専業主婦の場合、
賃金業者でのカードローンは利用する事が不可能です。
でも銀行カードローンなら配偶者に支払いの能力があり、
審査に通る事が可能となった場合、専業主婦でも銀行で借りる事が出来ます。

◇借りるとしたら賃金業者のカードローンと銀行カードローンのどちらがよいのでしょうか?

もしも、初心者がカードローンを利用したいと思うのでしたら、
始めは年収要件の必要がない銀行系のカードローンを利用してみてはいかがでしょうか?
どうしてかと言いますと、賃金業者よりも金利が低いからです。
そして審査がとても丁寧だという事もお勧めする理由の一つです。
銀行系でしたら審査が丁寧ですから、借りる個人の生計をしっかり考えて危険のない貸付限度額を受ける事ができます。
しかし反面、審査が丁寧な分、借りにくいという欠点もあります。
賃金業者の場合は銀行カードローンの審査に落ちてしまった人でも借りやすいのですが金利とリスクが高くなってしまいます。
銀行のように、借りる人の生活のバランスまで心配してくれることはありません。
でも、銀行と聞くとお金を借りるのが難しくて敷居も高そうなので敬遠したくなる人もいるのではないかと思います。
しかし、この頃は銀行でもネットバンクの方法でお金の貸付けを行うようになりました。
ネットバンクなら申込と契約を店舗で行わずに済ませる事が出来ます。
もちろん、審査の為の書類は郵送しなければなりませんが、自分の家で手続きができますから、とても便利だと思います。

カードローンの意味について

ローンカードを利用する為には、
ローンサービスの事業者が発行するカードを持たなくてはなりません。
そしてローンの借り入れを利用する本人が、
そのカードを使用する事でお金を借入る事ができます。
カードローンとはローンサービスを受ける事、全般を示した呼び方です。
主には消費者金融以外のローンカードサービスの事を言い、
審判会社やクレジットカード・銀行系などが例として挙げられています。

◇ローンカードでは一体どの様なサービスを受けられるのでしょうか?

利用者がその時ほしいものがあり、その商品を購入したい時や思い出に残るような旅行に出かけたい時に、
今すぐにはお金を都合する事ができない場合、ローンカードがお勧めです。
お金の借り入れを行い、後日金融会社には利子を付けてお金を支払うと言う方法です。
お金を貸す方側のローンサービスの金融会社が行っている審査が通れば、
決められた限度額内で、希望者がお金の借り入れをする事ができます。
審査が通れば、それぞれの各社によって受けられるサービスに相違があるものの、
指定するATMを使用してお金を引き出し、自分の目的を果たす事が出来ます。
一般的には、分割払いで使用する人が多く、特にリボルディング方式を利用する人が目立ちます。
このリボルディング方式とは返済金を毎月一定に保ちながら返済する事で、
返済計画に狂いが生じにくくて便利です。
ただし、若干のリスクとして利子の負担が増えてしまうので、結果として総返済額が多少高く設定されます。
ですから利子負担にならない様に、一括返済でローンカードを使用する事を心掛ける事をお勧めいたします。

◇ローンカードと消費者金融ではどの様に違うのでしょうか?

ローンカードの場合は消費者金融のカードがふくまれていない事が一般的だと言われています。
(しかし消費者金融でもローンカードを発行する事もまれにあります。)
なぜかと言いますと、余裕をもって返済計画を立てられてお金を準備できる
比較的安定した収入を維持できている人だけを対象としているのが
審判会社やクレジットカード会社だからです。
それに反して、消費者金融の借入の場合は、収入が不安定でフリーターなどの人でも借りられ、
非常に安全性が低いと言われているのでそれらとは振り分けられているのです。

◇信販会社にはどの様なカードローンがありますか?

 
 〇・オリエントコーポレーション・オリコ【カードローン・CREST】
 〇・セディナ
 〇・ジャックス
 〇・アプラスフィナンシャル

◇主なクレジットカード会社にはどの様なローンカードがありますか?

 〇・三井住友カード・三井住友カード・ゴールドローン
 〇・クレディセゾン・クレディセゾンマネーカードゴールド
 〇・三井UFJニコス
 〇・JCB

◇ローンカードとキャッシングとの違いはどこにありますか?

キャッシングカードと言うものがありますが、
こちらもローンサービスと非常に良く似ています。
確かにどちらのカードも使用方法としては、決まった一定の金額を借入し、
人それぞれが自由な目的でカードを使い、
返済の時に利子をつけて返すと言う所までは同じです。
しかし微妙な所でお互いの金融会社によって、サービスには違いがあるのです。
まず・一つ目の理由は貸し付けの金額に違いがあります。
例えば、高価な商品を購入したり思い出に残るような旅行を企画したりする場合には
数十万円や数百万円程の借入金額希望となりますが、
キャッシングサービスの様に日常の生活でほんの少しだけお金が足りない時に
数万円程を借入したい時とでは、貸付金額に相違があります。
二つ目の違いは返済の方法についてです
ローンカードは借り入れる金額が高額なので
何回かに振り分けて支払する返済方法をとる人が比較的多いのですが、
キャッシングは少額での借り入れが殆どなので一括で返済する人がとても多いのです。
もちろん金融会社によってサービスの方法や契約内容は様々ですから
絶対にキャッシングが一括での返済だとか
ローンカードだから分割返済に決められているとか言う意味ではありません。

◇ローンカードがもたらすメリットとは?

消費者金融などの場合でも、ローンカードでの借入をしている所があります。
しかし、返済してもらえなくなる可能性の高い消費者金融の
貸付サービスでは借り入れ可能額で再度、借入を行いたい時に、
もう一度審査をしなければならないと言う不便さがあります。
何回も審査の手続きを取らなければいけないと言うのは、
お金を借入したい人にとってはちょっと面倒な手間です。
それに比べて、カードローンの信販会社系やクレジットカード会社の場合ですと
融資の可能な金額でありさえすれば、
何度も審査の手間をかけずに自由にお金を引き出す事が可能です。
とは言いましても、借入した金額は利子をつけて返済しなければならないですから
何度も借り入れをしていると利子の負担で苦しめられる事になります。
ローンカードは追加融資が無くて済むのですが、
借金にたいしての抵抗感が薄くなり気が付くと知らず知らずの内に
借金が増えて行ってしまう可能性がありますから用心して利用して下さい。

◇借入を行わずにローンカードを所持するケースがあります。

ローンカードを持っていても借入をしない人がいます。
それは、どんなケースの時かと言いますと、家を建てた時に住宅ローンを組む為の条件として、
「ローンカードを作って頂けましたならば住宅ローンの金利を優遇する事ができます」と示された時などです。
銀行側としてはカードを作ってもらえれば、
何かあった時に使用しくれるかもしれないというメリットがあります。
しかし、お金を借入する側としては、カードを持っているという事で
安易にお金を借りてしまうと言うリスクがあります。
借りたお金には利子が付きますから、くれぐれも気を付けて計画的に使用してください。