ショッピング枠の現金化の末路とは?

苦しくてもショッピング枠を利用してお金に変えることはしないで下さい。

見出し:苦肉の策としてのショッピング枠の現金化
お金を何度も借りている人によく見られる行動として、クレジットカードに存在する枠の一つであるショッピング枠というものを悪用するという詐欺ともいえる方法を使うことです。
そのようなことができるという情報をどこから得ているのでしょうか?
それは、身近なところから得ているのです。
そして、それらの情報は借金をしている当事者にのみ見えるといってもよく、そのようなことに縁がない人には見えない、言い換えると目がその情報にいかないのでしょう。
例えば、道端の電柱の貼り紙であったり、インターネット上の広告等があります。
借金を溜め込んでいる人は、日々至るところからの催促に苦しんでいます。
毎日のように「支払いが遅れていますよ、いつ返してもらえますか?」といった内容の電話がきて苦しんでいる人にとっては、たとえ良くないこととは分かっていても、自分を助けてくれるような会社のように思えてしまうのかもしれません。
あらゆることを考えてもいい方法が見つからなく、苦しみ続けた結果、ショッピング枠を悪用して現金を手に入れるといったことをしてしまうのです。

見出し:お金に変えることが可能なキャッシング枠の違法な使い方とは?
お金に変えることを目当てにカードを使用するのは、明らかにクレジットカードの利用においての規約違反でありますので、そのことを念頭において以下の説明を見て下さい。
どのようにして、現金に変えるのかというと、商品をクレジットカードで買い、その買った商品を専門の会社で買い取ってもらう方法です。
またこのようにしてお金に変える方法も様々ですが、主な手法としては、会社側であらかじめ購入商品を指示して、それを会社側で買い取るという方法と、もう一つは、数百円ぐらいの価値しかないものを、10万円というとんでもない額で買い、そのうちの8割ぐらいを払い戻すという方法です。
手法としては簡単なものと言えますが、買った金額の8割ということで、8万円借りたいとなれば、2万円とカードに関する手数料を負担しなければいけないので、これは明らかに違法で酷い取引であるのは間違いありません。
お金を借りる人から見れば、ただ商品を買っているとしか思わないのかもしれませんが、それは間違いで、明らかに会員規約違反であり、罰せられる行為であります。
人間として出来ている人に限り、そのようなことをしてしまう傾向があり、おそらく自分だけで片付けたいと思っているのもしれませんが、このようにしてお金に変えることは犯罪であるということを忘れないで下さい。

見出し:法律は犯罪者を助けるようなことはしません
借金が重なりすぎて苦しんでいる人を助けるための法的な手法として、民事再生や任意整理、自己破産といったといった様々な手法があります。
そして、そのような処理を受けた人は再びそこから新たに生まれ変わったつもりで人生をスタートするわけですが、これは誰でもできることではなく、犯罪を起こした者は不可能とされています。犯罪とは例えば詐欺等です。一度も詐欺という犯罪をしてしまうと、借金が重なり自己破産という手法を取ろうとしても、それを裁判所に認めてもらうことができないのです。
これは難しくいうと「免責不許可事由」と言うのですが、こうなってしまうと、一生「破産」という文字がつきまとい、借金も払い続けていくことになります。
借金を払わなくてもいいようにする手続きである自己破産でありますが、裁判所に認めてもらわないと、申請しても何一つ良いことがないのです。
もしあなたが法的に借金を無くしたいと思っているなら、法に触れるような行為を決して行なってはいけません。
裁判所に認めてもらえなくなるその他の原因や事柄としては、所有財産を隠し持っていたり、所有財産を債権者にとって適切とは言えない方法で処分した、お金をなりふり構わず使ってしまう、賭け事でお金を失った、嘘の報告、調査を妨げるような行為をすること。他にもまだありますが、これらについても裁判所に認めてもらえない理由となってしまうことがありますので、気を付けて下さい。
自分がどれだけ生活に困ったとしても、ショッピング枠を利用して現金に変えるといったようなことは絶対にしてはいけません。それは自分で自分の首を絞めているようなものです。
借金によって苦しめられているときは、自分一人で悩んだり、考えたりせずにまずは、法律のプロの方に相談するのがベストであると言えます。
法律のプロの人なら、あなたをきっと助けてくれると思います。

お金を借りる行為は自分自身を傷つけてしまうことも?

安易にお金を借りることは避けましょう
お金を一回でも借りてしまうと、それを2回、3回と繰り返してしまう人が少なからずいますから、安易にお金を借りるということは避けた方が良いとも言えます。
それは、お金を借りる行為によって、自分自身を傷つけてしまっているとも言えます。
「借りたい時にすぐに多くのお金を借りることが可能」といったことが、キャッシングを利用するメリットの一つでありますが、そういった反面、それが癖となってしまうといったデメリットも存在するわけです。

お金は簡単に返せるとは思わないで下さい
私が借金が重なり続けている人に話を聞いて驚いたのは、最初は1万円だけ借りようと気軽に借りたお金であったものが、それが癖となってしまったためか、借りては返すという行為を何度もしているうちに、その借金が100倍にまでなってしまったということです。
この話を聞いた方の中には、単にその人がお金に対して無頓着だったという風に思われるかもしれませんが、実はお金は恐ろしいものでありますから、お金に洗脳されてしまうと、一瞬でどん底に落ちてしまう可能性すらある恐ろしいものです。
お金に対する感覚がなくなってしまい、最初は1万円程度借りるつもりでも、そのうちそれが5万、20万といった具合にエスカレートしてしまうためです。
お金を借りるという行為は、借りる側からすれば便利なものではあり、“翌月の給与分で返すのは簡単だろう”、“他の人には害はない”と考えてしまう傾向が強いのです。
お金を借り過ぎることによって、その人自身の将来を最悪なものとしてしまうリスクが存在するのです。
誤解しないでいただきたいのは、お金を借りること全てが悪いと言っているわけではなく、上手に借りることで、良いサービスとすることもできます。
慶事や弔事などのために、多額の費用を用意しておかなければならない時などにキャッシングというサービスは、その人にとって力強い味方となることもあります。

人間関係の希薄化がキャッシングを利用する人を増やしているのかもしれません
我が国の経済を動かしているのはお金であるわけですが、生活様式が変わったことにより、それがキャッシングサービスを利用する人が増えている原因とも言えます。
近年は、自分の好きなように日々を過ごしていきたいと考える人が増えており、一人で暮らしている方や夫婦のみで暮らされている方も多くなっています。
そういったことにより、人とのつながりが薄れてきています。
そのような影響で、自分の両親、親族に対して、お金で助けてもらうといったことが不可能になってしまい、若い人でもキャッシング会社からお金を借りる人が増えてしまっています。
借金の相談を行なった人の一部には、自分がお金を借りるといった行為に対して、何とも思わない人もいます。ひどい場合は、お金を借りること自体が自分の生きがいとなっているような人もいました。
相談者の中には、この人がもしもう少し家族との付き合いがあったなら、簡単にお金を借りてしまうという体質になることを防ぐことができたのではないかと、頻繁に思ってしまいます。
頼り処がないため、やむなくお金を借りてしまう行為が、現在キャッシングを利用する人の増加につながっていると私は考えます。

パートナーのお金についての把握は大切なことです
近年は、夫婦ともに働いている家が増加傾向にあり、それぞれ別にお金をやりくりしているという家も中には存在します。
しかし、このようなパートナーがお金をいくらもっているかを理解していないという状況は、老後の生活等を考えていく上で危険であるとも考えられます。
もしパートナーが、急死してしまった場合などに、そのパートナーがお金を沢山持っていたならいいのですが、遺産の相続手続きの際に大きな借金をしていることが発覚してしまったら、あなたならどうするでしょうか?
パートナーの死去後に、お金を借りていた事実が発覚することも少なくありません。
そのようなことは、普段から勤勉な人で、会社において立場上、上の人にも、下の人にも心遣いが出来ている人に多いとされています。
少し信じ難い話ではありますが、それは事実であります。
そのような方は例えば、仕事での取引を行う際に、相手方への敬意として食事代を肩代わりしたりすることもあるでしょうし、社員にも食事を奢ることもあるでしょう。
その支払い代金をカードで済ますことでそれが借金となってしまうわけです。
普段からお互い良きパートナーと呼べるような間柄であっても、パートナーのお金に対してはきちんと話し合えるような状態でいることで、借金があったことがパートナーの死去後に見つかるといったようなことを防ぐことができると言えます。

借金を楽に返す方法はあなたの家の中にヒントがある?それで借金をせずに済むことも?

借金を返すためには、まずは生活基盤を安定させることを忘れないで下さい
借金を減らしたい人はどこかの会社等に相談するのがベストと言えます。
キャッシングの借金を返済する際は、金利が高いものから順に並べてその中から一番高いものから返すというのが、オーソドックスな方法ですが、返すことばかりに集中し過ぎて生活のことをないがしろにしては、いつかは貯金が無くなる等、生活が成り立たなくなってしまいます。
また、借金というのは生活費が足りなくなってするというケースはまれであります。
そういったことから、自分自身に降りかかる万が一の出来事に遭遇し時のために、半年ぐらいは生活していけるお金を残しておくことが大切と言えるでしょう。
そして、借りたお金を全部返すには、まず自分が健康であることや、お金を蓄える力も同時に養っていく必要があります。
借金を返していく事はマラソンにも例えられます。
マラソンというものは長い時間走らなければならないので、物事を継続する力と、メンタルも強くするために、毎日厳しい練習をしなければいけないので、これを借金を返すことに当てはめて、「借金を全部返し終えたとき」をゴールとすると、「物事を継続する力とメンタルを強くすること」は生活基盤となる住まいを整えることになります。
生活基盤が整っていなければゴール、つまり借金を完済するもの困難になってしまいます。
そして、生活基盤が整ってから、「お金が貯まるような生活をしていくことを心掛ける」ことを忘れないようにしていけばよいのです。

お金が貯まらない要因は、あなた自身にあります
極力お金を無駄なお金を使わないように生活を送ってはいるが、中々財布が膨らまないと思っている人は、自分が分からない間にお金が貯まる運気を下げてしまっている人です。
なるべくお金を使わないようにしようと思った時、まずは削りやすい食事や衣服に関するものを削ることを考えてしまいますが、それでは付け焼刃となることが多く、実はそんなに貯金も増えているわけではありません。
さらに言うならば、人が生活していく上で。食事をすることは風水上もお金に対する運気を上げることにもつながり、料理の材料さえも意識して使っていく方が運気が上がるとされています。
持っているお金が極端に少ないため、節約を行なっていますという家を覗いてみると、古くなってしまって、もう使うことが出来ないような肉や野菜、もしくは醤油や味噌等が冷蔵庫にしまわれているケースが多いです。これは、食べ物を粗末にしているため、お金が貯まる運気が遠ざかっていってしまっているためです。
スーパー等で値引きされている商品を選んで買うのが悪いとは言いませんが、すぐ必要のないものを次々と買ってしまっては、それは節約とはならず、お金をただ道端に捨てているのと変わりありません。

部屋の空間を上手に活用できる人は、お金が貯まる人かもしれません
家の片づけが嫌い、片付けが苦手に思っている方は、月々の部屋代を自ら上げってしまっているかもしれません。
普通に考えると日々暮らしている家というのは、借りるか、自分で持つかに分類されるわけですが、いずれの場合も家賃の支払いや、家の修繕等によって、家に住むだけでもお金はかかってしまうものです。
家の広さというものは決まっているものなので、それをどのように利用しているかによって、あなたがお金を貯められる人なのか、それともすぐ無駄なことに使ってしまうのかが判断できます。
家の空間を上手に利用していて、快適に暮らせている人であれば、今は家賃が数万円程度あっても、数年後には沢山のお金を持っている可能性はあります。
つまり、家を上手に利用できる人は、お金の運気が強い人と言えるのです
「暮らしていくだけの空間に過ぎない」と家に対して思われている人もいらっしゃるかもしれませんが、そうではなく、「お金が沢山詰まっている箱である」と私は思うのです。

部屋の空間の無駄遣いをなくしましょう
例えば、家賃が6万円で広さが畳6枚分(6畳)の部屋に暮らしていて、そこに大きな冷蔵庫(1畳分の大きさ)を置くとなるとその冷蔵庫にかかっている家賃は1万円とかなりかかってしまっています。
居住空間に家電のようのものが多くなればなるだけ、その空間が癒しの空間ではなく、物置場としてお金を支払っていることになります。
これはすごく無駄なことだと思うことでしょう。
お金を節約するような方法として、割引券を使ったり、カードローンを上手く利用したり、保険を再検討したり等、色々知られていますが、無駄な電化製品やタンスや収納ケースといったものを買わないだけで(例えば大きな冷蔵庫であれば電気代がかかってしまうため)、電気代等の節約をしていることにもなります。
あなたは、このようなことをしない生活を送っているでしょうか?
お金を誰かのために使うといった人や、もしくは自分だけのために使う人、お金に対する考え方というのは人によって異なるものですが、一つ言えるのは無駄な出費を続けてしまうことによって、お金の運気というものは、遠ざかってしまいます。
余計な出費を抑えることによって、お金を借りる回数も減らすことができるかと思います。
そうなるために、最初は自分の部屋に無駄がないかを考えてみることからスタートするとよいでしょう。

よく耳にするブラックリスト(要注意人物)と呼ばれるものは本当に存在するのか?

「要注意人物の表」は本当にあるのか?
よく聞かれることとして、クレジットカードを発行したいけど、要注意人物として登録されていると、無理なのか?といった質問や、自分で借金を減らすような手続きをしてしまったら、要注意人物として登録されてしまうのか?借金を全部免除してもらう状態に一度でもなった場合、今後一切住宅を購入する際に借金はできないのか?といったものがあります。
ではこれらの質問にお答えしたいと思います。
まず、こういった情報はすべて信用に関する情報としてきちんと管理されています。
ですから、ある程度機関が過ぎるまでは、このような罰則的なことは避けられないと思っていいかと思われます。
黒色をした帳票というイメージがブラックリストにはありますが、実際のところ、そのようなものは銀行などには存在しません。
それならば、どうして「黒色をした帳票」いわゆるブラックリストとも呼ばれる言葉が存在するのか分かりますか?
我々が日々暮らしていく中で利用している携帯料金の支払いに関する情報やカードを利用しての買物等といった情報は、決められた期間内はしっかり残されています。
そしてそれらの支払いが3ヶ月を超えて滞ってしまうと、ブラックリストとして載ってしまうことになるのです。
このブラックリストというのは、信用に関する情報を取り扱っているそれぞれの店で共通に扱われていることから、この名前が付けられたとされています。

信用情報にはどんなことが記載されているか?
信用に関する情報は希望者本人が開示してほしいことを要求することによって、内容を確かめることが可能です。
大きな買い物でローンの利用を考えている人であるならば、改めて自分の情報に誤りがないかを確かめてみることをお勧めします。
その確認は開示報告書と呼ばれるものによって、確認することが出来るのですが、これについて説明すると、まず「入金状況」というところには、ドルマークやアルファベットのP等の文字が表示されることとなっております。
これは、カード会社にきちんと支払いが行われているかを確認することができます。
これらの取引に関する情報は2年前まで確認することができ、各々の取引において問題がなければ入金状況にドルマークが記載されます。
このマークが多く付けられることによって、審査の時に有利になると言えます。
ではマークは大事な事柄でありますので詳しく見ていきたいと思います。
まず先ほども出てきました「$」は請求どおり(もしくは請求額以上)の入金があったことを意味しています。「P」は請求額の一部が入金されたことを、「R」はお客様以外から入金があった、「A」はお客様の事情でお約束の日に入金がなかった(未入金)、「B」はお客様の事情とは無関係の理由で入金がなかった、「C」は入金されていないが、その原因がわからない、「-」は請求もなく入金もなかった(例:クレジットの利用がない場合)、「空欄」はクレジット会社等から情報の更新がなかった(例:クレジットの利用がない場合)といったことを意味しています。

1日でも返済が遅れればブラックリストに載ってしまうのか?
3ヶ月を超えて返済が滞らない限り、ブラックリストに載るようなことはありません。
もしあなた自身が返済が遅れてしまったことが初めてであるならば、その時にたまたま口座残高が足りなかった、返済の仕方に誤りがあったという具合で、厳しい対応をされないことが大半です。
ですが、支払いをあまりにも放置してしまうと、アルファベットの文字も違うものになってしまいます。つまり、ブラックリストにあなたの名前が異動してしまうことになるのです。
一回でもこれに載ることによって、借金の任意整理においては5年、自己破産してしまうと最低7年、最長で10年間残るものであります。
一番注意したいのは、携帯電話の支払いが滞ってしまうことであります。
携帯電話の機種本体の支払いは分割にしている人が多いかと思われますが、そういった料金を滞納することで、「料金の支払いを延滞した」といった情報が残ることがあるからです。
近頃は、子供の携帯料金を支払わずにいて、そのため住宅ローンがなかなか利用できないといったこともあるようですので、普段からお金はきちんと管理するようにして下さい。
何度も言うようですが、3ヶ月以上借金の返済を延滞しないように注意して下さい。

借金の返済に対して延滞したこと以外のブラックリストとは?
先ほど、返済の延滞に関するブラックリストについてお話しましたが、これ以外にもあるということをあなたは知っていましたか?
近頃増加傾向にあるのが、審査をあまりに多く受けてしまっていることを示すリストで、これもブラックリストの一つであります。
借金返済に関する延滞の記録がない人たちであっても、審査で落とされることがあります。
このように審査で否決される要因は、数多くの審査を受けてしまったことです。
カードを初めて申し込む際には、審査のことで不安になったり、格好良く見せるためにカードの審査を何社も受けてしまったりしがちです。
特に専業主婦などの安定した収入があまり無いような人が申し込みを行なってしまうと、他にも一杯借金をしているのではないか?と判断されてしまい、審査が通らなくなってしまいます。
こういった審査というものは「多く受ければそのうちどこかに合格できる」といったものでは絶対ありません。
逆にそのようなことをすることで、ほぼ間違いなくあなたのことがブラックリストに載ることになります。
ただ、そのことを知らずに万が一ブラックリストに載ってしまったとしても、借金の延滞の時のリストとは違い、記録は半年で消えることとなっています。
再び申し込みたい場合、今度は審査を受けるのは1つだけにしましょう。

銀行カードローン

“最近は、銀行カードローンも顧客確保のためにサービスを充実させています。具体的に言えば、即日利用できたり、来店の必要もなかったりします。このような物が増えているのです。
来店の必要がなければ、必然的に書類の提出も簡略化するしかなくなり、素早い融資が可能となるのです。また、銀行は貸金業法の適用外であるため、総量規制とは無関係に借入できる事が多々あります。つまり、総量規制の年収の3分の1に縛られる事はなく、利用限度額も高くすることができます。
このような事から、最近の銀行カードローンは、即日利用できる、高額の利用限度額、来店の必要がないと言うのが当たり前になっているのです。
銀行カードローンの申し込みをWEBで行う場合、通常は24時間365日受け付けているはずです。ですから、必要性を感じた時に申し込めるのです。その上、来店の必要がなければ、仕事に追われている方でも申し込みができます。
他にも、即日利用できるのであれば、審査さえクリアしてしまえば、その日の内にキャッシングする事も夢ではありません。ただし、即日利用するためには、ネット経由での申し込みを行う時間や書類提出する時間などに制限があるのですが、とても便利な事に変わりはありません。
また、即日融資可能、来店不要を謳う銀行カードローンの中には、借り換えに対応した物があります。ですから、借り換えたり、おまとめローンに利用したりすれば、とても便利になるはずです。
多くの銀行がこのようなサービスを展開しているため、普段から取引のある銀行に尋ねてみるのも良いでしょう。そうして、自分の目的に合う銀行カードローンを利用するようにしてください。