キャッシング審査・通る人落ちる人の違い

銀行系のカードローンと比べると、消費者金融のキャッシング審査は、割と通りやすいと言われています。
だからと言って、どんな人でも審査を楽に通過できるものではありません。

審査に通る基本条件は、安定収入があり、個人信用情報機関に事故情報(自己破産等のブラックリスト)の無い人になります。
この基本条件がクリアできていれば、ほとんどの人が融資を受けることが出来ると言われています。

ただし、専業主婦や無職の人等、収入のない人や年金収入のみの高齢者の場合は、
消費者金融への融資の申込み自体が出来ませんので、専業主婦・年金受給者の方は、
銀行のカードローンで、融資を申し込むと良いでしょう。

なお、無職の方の場合は、銀行・消費者金融どちらも融資の申し込みはできません。

では、審査に通りやすい人の特徴はどんなものなのでしょうか。

審査に通りやすい人とは

1.年収400万円以上
2.大手企業勤務・公務員
3.正社員
4.勤続10年以上
5.持家に居住
6.他社からの借入れがない
7.個人信用情報機関に事故情報の記録がない(自己破産等)

上記のように安定した職業と収入・雇用形態、保有資産があり、返済を焦げ付かせたことがない人が
審査に通りやすい人の条件となります。
貸す側の消費者金融も、上記の条件全てに該当する人ならば、安心して融資を行うことが出来るわけですね。

ただし実際にキャッシングを利用している人の多くが、年収200万円程度の派遣社員やアルバイトとして働いている人達です。
このような状況を見ると、上記のような審査に通りやすいとされる条件を満たしている人の方が少ないのではないでしょうか。

キャッシング審査の合否は「スコアリングシステム」の点数次第とも言え、スコアが低い人は申込み後すぐに
審査で融資不可の判定が出されてしまいます。

審査に落ちやすい人とは

1.無職・専業主婦
2.他の借入れが年収の3分の1以上
3.個人信用情報機関に事故情報がある
4.在籍確認が取れない
5.短期間に何度も融資の申し込みをしている
6.申込み内容に虚偽がある

上記の条件の内、一つでも該当するものがあると、審査で落とされる確率が高くなります。

まず、無職の人・事故情報のある人の場合、まとな金融業者からの融資を受けることは難しく、
もし貸してくれるところがあったとしたら、そこは悪徳金融だと思った方が無難でしょう。

専業主婦の場合、大手消費者金融では申し込みを受け付けていません。
どうしても融資を受けたいのであれば、配偶者貸付を利用するか
銀行のカードローンで受け付けているところを探さなくてはいけません。

また、年収が400~500万円以上の高額所得者であっても、消費者金融を利用する場合は
他社からの借入れが年収の3分の1以上あると、新たに融資を受けることはできません。
これは、消費者金融は総量規制の対象となる為、借りられる金額が年収の3分の1までと決められているからです。

その他、申込み内容に虚偽の申告がある場合は、審査で落とされる可能性が高くなります。
在籍確認はキャッシング審査で必ず行われますが、申告のあった会社で勤務している確認が取れなければ
申込み内容に虚偽の申告があったと見做される可能性があります。

短期間に融資の申し込みを繰り返すことも要注意です。
必要に駆られて融資の申し込みをするわけですから、最初の会社で審査に落ちた場合、すぐに2社目を申込みたい気持ちはわかります。
ですが、その2社目も審査に落とされてしまった場合は、しばらくは我慢する方が得策です。
大手消費者金融で続けて審査に落ちた場合は、余所の会社に融資を申し込んでも、審査に通る確率は極めて低くなりますので
慌ててあちこちの消費者金融に申し込むよりも、時間を空けてから再度申し込むべきです。

消費者金融と銀行どちらを選ぶ?

金利の安さや安心感で選ぶのなら、銀行カードローン。
年収が低い人、アルバイト等の非正規雇用者、自営業者の場合は消費者金融が良いのではないでしょうか。

銀行カードローンは金利や借入限度額の面で有利ですので、高額融資を受けたい人は、
銀行カードローンをお勧めしますが、その分審査も厳しくなります。

消費者金融の場合、初回契約時の借入限度額は50万円以下となります。
銀行に比べると金利はやや高めですが、自営業者の方が銀行カードローンの審査で落とされても、
消費者金融の審査では落とされたことがない、という話もあります。
このように、審査の通りやすさを考えると、少額融資で気軽にお金を借りたいのであれば、
消費者金融を利用する方が良いでしょう

借入限度額は次第に引き上げられますので、計画的な借り入れと、堅実な返済を実行しましょう。

消費者金融というと、怖いイメージを持っている人も少なくないようですが
一昔前のような悪質な取り立ては法律で禁止されていますし、プロミスやアコムは銀行グループに属しており
基盤のしっかりした会社ですから安心して利用することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です