学生時代に利用したキャッシング

学生時代にキャッシングの負の連鎖に陥りました。振り返るとあのころは無茶をしたなという印象ばかりです。もしも、せめて金利がまだ低いところで借入していたならば、幾分か楽しい大学生活だっただろうにと後悔しています。
学生時の私の収入源は、親からの仕送り、ゲームセンターでのバイト代、くわえて奨学金でした。ふつうならこれで十分なのでしょう。ただ、収入に見合わない出費をしていました。サークル活動での飲み会、流行りの洋服の購入、はては彼女とのデートでの散財です。湯水のごとくお金を使い、すぐに生活に窮してしまうにいたります。そうして、周りの多くの友人たちが利用していたこともあり、学生カードをキャッシング業者で作ることになったのです。手続きは簡単でした。店舗まで行って書類を書き、身分証明書を提出し、審査を受けるというものです。ごくごく短時間でカードができました。
ひとたびキャッシュカードを手に入れてしまった私は、その便利なことに甘えてしまい、お金が足りないときはすぐに借入れするようになってしまいました。何度も何度もです。完全に金銭感覚がおかしくなっていたというほかありません。大学4年生までに借りた金額は総額で、借入の上限いっぱいの50万円にまで膨れ上がっていました。
これは大変なことになったと気づいたのはその時です。
リボ払いでの返済だったので、生活費をなるだけ削ってまで、ちょっとでも多くの金額を返そうと刻苦しました。けれどもその一方で金銭感覚は狂ったままです。心の中では、自制心と欲望とが激しく葛藤していたのは言うまでもありません。ただただ苦しく、つらい生活でした。完済までの代償は大きいものでした。はじめてのボーナスも返済に回しました。そうやってなんとか完済したのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です