キャッシングで学んだ事

大学時代のキャッシングの苦い経験です。
学生のなりたての頃は楽しいものでした。学生時代の私は、奨学金をもらい、アルバイトをして給料をもらい、そのうえ親から十分な仕送りを受け取っていました。収入は十分すぎるぐらいにあって、学生生活を謳歌していました。生活に困ることは全くないはずでした。
けれども出費ばかりがかさんでゆきます。サークル活動のつながりで別の大学の男子学生と合コンを開いたり、身だしなみや流行が気になりだしたので、値の張るような洋服を買ってしまったりということがつづきます。くわえて当時、ある男子と付き合っていました。頻繁にあちらこちらへ出かけていたので、デート代だけでもかなりの出費があったのではないでしょうか。あれよあれよという間にお金は無くなってゆき、気が付けばどん底の生活になっていました。
そのときにはもう、少しの入用で生活が厳しくなるような状況でした。こうなったら仕方ないと、学生カードを作ってしまいました。いまでは後悔していますが、学生でも作れたうえ、当時の周囲の友人たちがつくっていたので、これといった不安もなく、軽い気持ちで作ってしまったのです。しかもカードの審査は簡単なものでした。けれども、これが私の人生をさらなる転落へと至らしめたのです。
カードを手に入れた私は、生活費が足りなくなったときはカードで借りればよいとばかり考えていました。手元のお金が無くなると、すぐにキャッシングに走っていました。大学3年までこんな生活が続きました。3年の冬に大変なことに気づいてしまいました。キャッシングで借りた金額がなんと利用限度額の50万円に達してしまったのです。頭から血がさっと引いてゆくのを感じました。現実に戻ったわたしは金額のことを疑ってみましたが、間違っているはずもありません。ここまできてはじめて事態の深刻さに気が付きました。はじめのうちはどうすればいいのか途方に暮れていました。親に話そうかとも思いましたが、そういうわけにはいかないと思い、自力で返済することに決心したのです。
返済を続ける中で、遊びは一切なくなりました。狂っていた金銭感覚を元通りにするのは並大抵のことではありません。お金の使い方も今までと正反対に矯正して、一生懸命に返済し続けました。
大学時代だけでは返済は終わりませんでした。就職後最初のボーナスも使わず、友人たちとの食事の誘いもひかえて返済に充て続けました。そうやってやっとの思いで完済にこぎつけました。あのつらい返済生活があったからこそ、いま堅実な生活を送れているのだと思います。身の丈に合った生活をしなければならないと学んだ返済生活でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です