奨学金と教育ローンの種類

今の時代は大学全入時代と言われ、誰でも大学へ行けるようになりましたが、
大学へ進学するためには、お金がかかります。
昨今では貧富の差が開く一方ですので、高校や大学に進学したい(させたい)と思っても、
家計が厳しくて、進学が厳しいという家庭は少なくありません。
そういう場合は、進学のために借金をすることになります。

教育費に関しては、他の融資とは仕組みが異なる「奨学金」と「教育ローン」があります。
どちらも借金には違いありませんが、他の融資よりも金利や返済条件は利用者に有利にできています。
まずは、特に借り入れの条件がより良い奨学金から検討してみましょう。

-お勧めの奨学金-

お勧めは「国の奨学給付金制度」と「企業や給付型奨学金」「日本学生支援機構の奨学金」です。

奨学金を利用している大学生は、全体の3分の1程度と言われていますが、
その多くが、日本学生支援機構の、学生自身に返済義務のある奨学金を利用しています。
日本学生支援機構の奨学金は、第一種と二種があり、双方とも成績と親の収入に対する制限があります。
第一種は無利子で借りられますが、成績に関する制限は厳しくなっています。

給付型の奨学金は、お金を貰える奨学金ですから、返済の必要はありません。
ただし、国の奨学給付金制度では、親の年収が250万円未満、使用目的は教育費のみという制限がつき、
企業が行っているものは、進学する学校が指定されている場合があります。

大学が行っている奨学金制度を受けられるかもしれませんが、この選考基準は、成績が優秀な学生に限られます。

家が貧しいのであれば、返済義務のある奨学金よりも、給付型の奨学金を受けられるように、頑張って勉強しましょう。

制度の制限にかかって、奨学金が難しそうな場合、奨学金だけでは、お金が足りない場合は、教育ローンを利用することになります。

-教育ローンの種類-

教育ローンには、国の教育ローンと、民間の教育ローンがあります。

最初に検討してほしいのは、国の教育ローンである「日本政策金融公庫の教育一般貸付」です。
この教育ローンは、親の年収に対する制限がありますが、固定金利で金利自体も低く設定されていて、
返済方法も利用者の状況に合わせて、在学期間中は元本据え置き、金利のみの返済ができる等、融通が利きます。
その他にも、利用者に有利な条件がありますので、教育ローンの第一候補となります。

国の教育ローンの制限よりも年収が高いなど、国のローンの利用が難しい場合は、民間の教育ローンを検討します。

奨学金や、国の教育ローンと比べると、金利は高くなりますが、一般的な銀行ローンよりは、金利は低くなっています。

例としては、各社銀行ローン・JA(農協)・労金(労働金庫)・ゆうちょ銀行などのローンになります。

金利や、利用条件等は、各社それぞれで違ってきますので、銀行の窓口などで問い合わせ、
自分に合った条件のローンを探しましょう。

-奨学金の返済に困っている学生が多い-

奨学金や教育ローンでは、返済に困って延滞する人が増えています。
原因はいくつかあるようですが、教育ローンの場合、借金をしている自覚がありますが、
奨学金の方は、借りているという自覚がない人多いのかもしれません。

国であれ民間であれ、教育ローンの債務者は親になるので、概ね返済できるようです。
しかし、奨学金の債務者は、学生自身になり、返済も卒業後に少しずつ返していくことになるのですが、
学生自身に自覚がなく、借金して大学に通っているにも関わらず、遊び呆けて留年したり、
退学する学生も多いようです。
ここ何年かは、ブラックバイトに捕まって、大学に通えなくなるケースも増えているようですが、
それでは、何のために大学へ行ったのかわかりません。

また、誰もが大学に通える時代なので、高校の延長のような気持ちで進学する学生さんが多いのかもしれません。
教育ローンや奨学金は借金なのだという事、奨学金の返済義務は、学生本人にあるという事を、
進学前に親子で話し合う事が大切です。

大学に行っただけで就職できる時代は、とっくに終わりを告げました。
今の時代、自分の行動に責任を持つことが出来ない学生は、就職活動でも生き残りが厳しい時代です。
ロクに勉強もせず、借金だけが残ったなどという、本末転倒な結果にならない様に、
学生さんはその自覚をもって、勉学に励んでほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です