クレジットカードの審査が通らない人の場合・カードローンの審査なら通りますか?

具体的に言いますと・・・

みなさんはクレジットカードとカードローンの違いについてご存じですか?

何と言っても一番の大きな違いは、買い物に利用出来るか出来ないか
(商品を購入する際、代金の決済に使用出来るか出来ないか)にあります。

・審査をする場合の内容と項目はクレジットカードもカードローンも同じですが、
それぞれには利用方法の仕組みに違いがあります。

・審査対象の内容が同じですから当然、クレジットカードの審査に通らない場合、
カードローンの審査も通らない可能性が高くなります。

この頃のクレジットカードには、キャッシング機能が付いていますので、
お金の借入に利用すると言う点から、カードローンと似たようなシステムであると
勘違いされるケースが多いのですが、勿論それぞれに使用方法に違いがあります。

今回は、
「クレジットカードの審査が通らない人の場合・カードローンの審査なら通りますか?」
 という疑問について書いてみようと思います。

◇クレジットカードとカードローンにはどの様な違いがあるのでしょうか?

聞いた話なのですが
クレジットのカードの審査がダメだったので、焦ってカードローンの審査を
申込みまくってしまった・・という人がいるようです。
それが正解なのか間違いなのかは、取りあえず横に置いといて、
まずはクレジットカードとカードローンそれぞれのシステム機能について
理解してゆきたいと思います。

クレジットカードとカードローンの違いとは、いったいどこにあるのでしょうか?
その違いとは、そのカードを利用してお買い物が出来るか出来ないかにあります。
クレジットカードの場合ですと、日常でお買い物をしたい時や
旅行をする時の代金支払いサービス、
あるいは公共料金を支払いしたい時などに利用できるのが特徴です。
発行の多くがお店と提携しているケースが目立ちます。

最近では、すっかり一般的となったネットショッピングなどでも利用する事が可能です。
反対にもう一つのカードローンの場合ですと、同じ様な利用方法では使用できません。
一見すると、クレジットカードの方がカードローンよりも
優れているイメージを持たれる方もいるようです。
なぜならばクレジットカードにはキャッシング機能を付ける事ができるからです。
しかし、お金の借入という視点から注意して観察すると、そうとも限らないようです。
一体なぜなのでしょうか?その理由をこれから詳しく書いて行きます。

◇お金を借入する時の上限はどれ位あるのでしょうか?

クレジットカードの場合ですとキャッシングの枠内は一番多くて100万ほどに限定され、
ショッピングで利用する金額と合わせて計算する形となります。
それに対して、カードローンの場合なら500万円まで限度枠が利用できるケースもあります
(注・事業性資金の借入はできません)

◇金利の違いについて

金利についてはクレジットカードのキャッシングを
利用した場合の方が若干ですが割高となります。
一方で、カードローンを利用する場合ですと
借入をする限度額の違いに応じて金利が下がるケースがあります。

◇返済方法は、どの様にすれば良いのでしょうか?

返済方法としては家計の管理の事を考えると、カードローンのリボルビング払い(リボ払い)の方が
毎月決まった日に返済が出来るので便利と言う利点が挙げられます。
ちなみにクレジットカードのキャッシングの場合ですと一般的には翌日一括払いが基本です。
以上の点からみても、この様な違いがみられます。
しかし、最近ではクレジットカードでキャッシングを利用する場合でも、
リボ払いが出来る種類のものが増え、
繰り上げ返済などを利用する事も出来るようになったので
次第に利用に差がなくなりつつあります。

◇クレジットカードやカードローンの違いは、どこにありますか?

審査をする場合、クレジットカードにもカードローンにも、
実際には殆ど、確認の項目に大きな変化や違いはありません。
審査項目については次の様になっています。

①・属性の項目が満たされているか

属性とは、借入を希望する本人の職業や年収、家族構成がどうなっているのか、
現在の居住地には何年住んでいるのか?などの情報の事を言います。

返済能力をチェックする時にはこれらを総合的に点数化して決定する時の材料にします。
審査に必要な申込書には間違いのない情報を記入しなければなりません。
その他、身分を証明できる免許証などや、
本人の返済能力を見極める為の収入書類
(源泉徴収票や納税証明書等)が必要となります。

◇信用情報の意味とは?

信用情報とは、
クレジットカードやカードローンなどを利用した際の履歴の事を言います。

管理は、信用情報機関であるJICCやCIC(CREDIT INFORMATION CENTER)にあります。
過去に返済を滞納した・・などの経歴があれば、
機関で照合されて、断られる可能性があります。

◇在籍確認とはどんな事でしょうか?

借入を希望する本人の働いている職場に、金融会社の担当者が電話を掛け、
審査の申し込み書類に記入されたている内容と勤務状態が同じであるかを
確認する事を在籍確認と言います。

◇総量規制の対象者になっていないかをチェックします。

総量規制とは、クレジットカードでお金を借入る場合、
収入の3分の1までなら借入が可能であると言う法律の事です。
もし、他の金融会社からすでに年収の3分の1よりも超えてお金を借りている場合、
審査が通りませんので注意しましょう。

以上の様な条件をクリアしていれば、クレジットカードやカードローンなどを
利用する条件を満たしている事になります。
しかし、カードローンはクレジットカードと比べて若干ですが審査が難しいというのが現実です。
なぜならば、クレジットカードは、商品代金の決済に使用できるため商品を
担保に出来るという利点があるのに対して、
カードローンの場合は利用が多目的であるために担保となるものが無いからです。
その様な点から考えてみますと、クレジットカードの審査に落ちてしまった人の場合、
カードローンの審査でも通りづらい可能性が高いと言えるでしょう。

◇借入を申し込む前に今一度、チェックしましょう。

クレジットカードやカードローンには、それぞれお金を借入する人の希望や
目的を叶える為のもので仕組みや審査の基準はそれぞれに違いはありますが、
どちらにしても非常に役に立つものです

借りたお金を返す事は当然の事ではありますが、もしも返済を滞納してしまいますと、
今後の信用情報に傷を残す事になり、必要な時にカードを作れなくなる可能性がでてしまいます。
また、あせって、やみくもに申し込みを行った際、
ますます信用を失い、審査が通らなくなってしまう事でしょう。
金融会社によっては、ホームページで借入が可能かどうかを診断できるようになっていますので
一度、そちらで確認してみる事をお勧めいたします。
クレジットカードの審査におちてしまい、
カードローンに申し込みをするべきか悩まれた際には、
審査の対象基準に満たしているのか今一度、チェックしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です