最短時間で融資を受けるには

「消費者金融とクレジットカードってどの様に審査が違うのでしょうか?」

最終更新日・2015年・6月26日

ざっくばらんに言ってしまいますと・・・

・審査の方法が消費者金融とクレジットカードでは違います。
・キャッシング・カードローンの機能をメインとするのが消費者金融ですが、
クレジットカードの場合、キャッシングの機能をすべての人につけるとはかぎりません。
・すでに、他の消費者金融でお取引をしている場合、クレジットカードの審査を希望しても、
融資枠が限界となり審査が通らなくなる事があります。

◇審査によるポイントの違いとは?・クレジットカードと消費者金融ではどの様に違うのでしょうか?

キャッシング機能に注目するか注目しないかによってクレジットカードと消費者金融の審査のポイントに違いが出てきます。
キャッシング機能とは現金を借り入れする事なのですが、利用目的の違いによりクレジットカードと消費者金融に使い道が分かれます。
現金を必要な時に借りる時、どちらのカードでもキャッシング枠をつけて
キャッシングを行う事ができます。
しかし、クレジットカードと消費者金融では、同じ様に審査が通ってもキャッシング機能の特徴に違いがあります。

◇消費者金融によるキャッシングとはどの様なものでしょうか?

キャッシングは消費者金融会社が発行しているカードを使用します。
現金の引き出しは融資の限度枠の範囲内でいつでもどこでもATMなどで借入る事が出来ます。
銀行系よりもリスクが高く、金利も高いのですが無担保で保証人が必要ないため借りやすいのが特徴です。

◇クレジットカードの場合、キャッシング機能はどの様になっているのでしょうか?

例えば、お買い物をデパートやスーパーなどで、ショッピングを楽しみたい時に発行されるカードがあります。
この様に、商品を買う為にカードを利用する訳ですから、
クレジットカードを持っているからと言って必ずキャッシングをすると言う事ではありません。
滞納さえしなければ、クレジットカードも消費者金融の場合も一度審査に通してありさえすればずっと使用する事ができます。
ではどの様な違いがあるのかと言いますと、元々、お買い物をするためのクレジットカードとキャッシングする為の消費者金融では審査の方法が異なるのです。
例えば、クレジットカードを申し込みたい時に、目を通さなければならない約款についてですが、
(全部読まれていない方もいらっしゃる方もいるかもしれませんが)それには「商品を購入してから返済が終わるまで、
その所有権はクレジットカード会社が持っている」と書かれてあります。
ですから、キャッシングの審査の場合、保証人や担保は必要ない代わりに利息が高く、
そしてクレジットカードの返済が終わるまでは商品を担保にするという部分が特徴が大きく違ってくる点です。
一見、同じ様に見える消費者金融とクレジットカードですが審査の通りやすさや担保を持つことができるクレジットカードの方が、
一つ軍配が上と言う事になると思います。。

◇消費者金融の審査をする時の流れについて

 では早速、審査の流れがどの様になっているのか消費者金融とクレジットカードそれぞれに簡単に見てゆきましょう。

 キャッシングカードを消費者金融で作る場合

公式サイトを見てみますと消費者がクレジットカードの審査を受けるために記入する時、
3秒診断や一発審査OKなどと言った文章を見かけると思います。
このシステムは、大体の審査結果を機械的に示して簡単に申込項目を行えるようにしたものです。
本当に契約をする事ができるのか、どれ位お金を融資してもらえるかは、
本審査にすすんでからでないとはっきりした結果を知る事はできません。

ですが、自分の名前や生年月日、住んでいる場所や雇用形態など、
本人に対しての一般的な項目を記入するだけで解ると言う事は非常に便利だと思います。
この頃では、申込者の利便性が高くなってきています。
特徴としては借り審査と本審査のタイムラグが狭まっている事が挙げられています。
とは言うものの、審査そのものについては簡単に本検査まで流れるという訳ではありません。
本審査の完了のお知らせは早くて、数十分や一時間程度で解ります。
でも審査は実は厳しいもので、本人の申し込んだ内容に嘘がないかや
過去に他の金融会社での利用歴や借入の状態などを個人信用情報機関を利用して調べられます。
最後の判断は審査をしている担当者が決める事となり、この部分だけは機械的に行われる事はありません。
無担保で保証人が要らないのが消費者金融の魅力とは言うものの、やはり融資する方としては、
万が一、相手が返済してくれなかった時のリスクを考えますのでしっかり審査を行っているのです。

◇クレジットカードを審査する時の流れについて

 それではクレジットカードの審査について詳しく書いてゆきたいと思います。

クレジットカードの申し込みを希望する時

基本的な審査方法についてですが、クレジットカードの場合でも消費者金融と同じ流れになります。
しかし、クレジットカードの審査の場合は借り審査というものが存在しません。
申し込んだらすぐに本審査に入る事になります。
クレジットカードの審査で一番に重要視される点は借入する人の勤務している会社や働いている年数などです。
お金を借りようする人の仕事内容や毎月の収入はどれくらいで安定しているのかなどを調査します。
クレジットカードとはこの様に毎月返済してゆかなくてはならないショッピングの額に対して、
返済能力があるかないかを審査する傾向が強くなる所が特徴としているのです。
ところで、ほとんどの人が消費者金融のカードよりもクレジットカードの審査を先にしている人の方が多いようです。

その時に、年頭に入れておかなくてはならないのが賃金業法の規定で、
これは借り入れる人の収入に対して、3分の1までしか融資枠を受けられない法律の事で国が定めたものです。
どうゆう事かと言いますと借り入れを希望する人がほかの金業者から複数のカードを所持している場合、
新たにクレジットカードを作りたい時に融資の限度がオーバーしていると審査ではじかれて落ちてしまう事があるのです。
以上の点から、クレジットカードが消費者金融と、
どの様に違うかと言いますと返済がすべて完了するまでは商品が担保として扱われる事や
キャッシングの枠を付加的な機能としてポイントに挙げているという点にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です