借金を楽に返す方法はあなたの家の中にヒントがある?それで借金をせずに済むことも?

借金を返すためには、まずは生活基盤を安定させることを忘れないで下さい
借金を減らしたい人はどこかの会社等に相談するのがベストと言えます。
キャッシングの借金を返済する際は、金利が高いものから順に並べてその中から一番高いものから返すというのが、オーソドックスな方法ですが、返すことばかりに集中し過ぎて生活のことをないがしろにしては、いつかは貯金が無くなる等、生活が成り立たなくなってしまいます。
また、借金というのは生活費が足りなくなってするというケースはまれであります。
そういったことから、自分自身に降りかかる万が一の出来事に遭遇し時のために、半年ぐらいは生活していけるお金を残しておくことが大切と言えるでしょう。
そして、借りたお金を全部返すには、まず自分が健康であることや、お金を蓄える力も同時に養っていく必要があります。
借金を返していく事はマラソンにも例えられます。
マラソンというものは長い時間走らなければならないので、物事を継続する力と、メンタルも強くするために、毎日厳しい練習をしなければいけないので、これを借金を返すことに当てはめて、「借金を全部返し終えたとき」をゴールとすると、「物事を継続する力とメンタルを強くすること」は生活基盤となる住まいを整えることになります。
生活基盤が整っていなければゴール、つまり借金を完済するもの困難になってしまいます。
そして、生活基盤が整ってから、「お金が貯まるような生活をしていくことを心掛ける」ことを忘れないようにしていけばよいのです。

お金が貯まらない要因は、あなた自身にあります
極力お金を無駄なお金を使わないように生活を送ってはいるが、中々財布が膨らまないと思っている人は、自分が分からない間にお金が貯まる運気を下げてしまっている人です。
なるべくお金を使わないようにしようと思った時、まずは削りやすい食事や衣服に関するものを削ることを考えてしまいますが、それでは付け焼刃となることが多く、実はそんなに貯金も増えているわけではありません。
さらに言うならば、人が生活していく上で。食事をすることは風水上もお金に対する運気を上げることにもつながり、料理の材料さえも意識して使っていく方が運気が上がるとされています。
持っているお金が極端に少ないため、節約を行なっていますという家を覗いてみると、古くなってしまって、もう使うことが出来ないような肉や野菜、もしくは醤油や味噌等が冷蔵庫にしまわれているケースが多いです。これは、食べ物を粗末にしているため、お金が貯まる運気が遠ざかっていってしまっているためです。
スーパー等で値引きされている商品を選んで買うのが悪いとは言いませんが、すぐ必要のないものを次々と買ってしまっては、それは節約とはならず、お金をただ道端に捨てているのと変わりありません。

部屋の空間を上手に活用できる人は、お金が貯まる人かもしれません
家の片づけが嫌い、片付けが苦手に思っている方は、月々の部屋代を自ら上げってしまっているかもしれません。
普通に考えると日々暮らしている家というのは、借りるか、自分で持つかに分類されるわけですが、いずれの場合も家賃の支払いや、家の修繕等によって、家に住むだけでもお金はかかってしまうものです。
家の広さというものは決まっているものなので、それをどのように利用しているかによって、あなたがお金を貯められる人なのか、それともすぐ無駄なことに使ってしまうのかが判断できます。
家の空間を上手に利用していて、快適に暮らせている人であれば、今は家賃が数万円程度あっても、数年後には沢山のお金を持っている可能性はあります。
つまり、家を上手に利用できる人は、お金の運気が強い人と言えるのです
「暮らしていくだけの空間に過ぎない」と家に対して思われている人もいらっしゃるかもしれませんが、そうではなく、「お金が沢山詰まっている箱である」と私は思うのです。

部屋の空間の無駄遣いをなくしましょう
例えば、家賃が6万円で広さが畳6枚分(6畳)の部屋に暮らしていて、そこに大きな冷蔵庫(1畳分の大きさ)を置くとなるとその冷蔵庫にかかっている家賃は1万円とかなりかかってしまっています。
居住空間に家電のようのものが多くなればなるだけ、その空間が癒しの空間ではなく、物置場としてお金を支払っていることになります。
これはすごく無駄なことだと思うことでしょう。
お金を節約するような方法として、割引券を使ったり、カードローンを上手く利用したり、保険を再検討したり等、色々知られていますが、無駄な電化製品やタンスや収納ケースといったものを買わないだけで(例えば大きな冷蔵庫であれば電気代がかかってしまうため)、電気代等の節約をしていることにもなります。
あなたは、このようなことをしない生活を送っているでしょうか?
お金を誰かのために使うといった人や、もしくは自分だけのために使う人、お金に対する考え方というのは人によって異なるものですが、一つ言えるのは無駄な出費を続けてしまうことによって、お金の運気というものは、遠ざかってしまいます。
余計な出費を抑えることによって、お金を借りる回数も減らすことができるかと思います。
そうなるために、最初は自分の部屋に無駄がないかを考えてみることからスタートするとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です