青森銀行のキャッシングって?

青森銀行は本社を青森県の青森市に構えており、立地条件を見ると、標高が海抜5.23mで、交通アクセスについてはJR青森駅から徒歩で約31分ということになっています。ちなみに同市に存在する企業の中で上場を果たしているのは、みちのく銀行、サンワドーの2つの会社のみとなっております。青森銀行においての本店や支店について見ていくと、本店以外に支店を103店舗構えているほか、6つの出張所が存在します。
そして、これらにおいて、預金や貸出といった業務に加え、商品有価証券の売り買い、内国為替に関わる業務、社債の受託や、登録するといった作業に加えて発生する業務が行われており、さらにリースやクレジットカード等といった金融関係の業務も行なっています。
青森銀行の歴史を辿ると設立は1943年の10月となり、株式に上場を果たしたのは1973年の10月のことで、それから42年もの間その状態が続いております。
一番最近のデータによりますと、売上高が505.19億円となっており、経常利益が81.21億円となっております。従業員数を見ると、青森銀行単独で1399名となっており、関連会社等を含めると、1498名となっております。株主について見ると、最も多い株主となっている方達の種別は個人であり、第105期においては配当金として約12億4000万円を還元いたしました。そして業績や成長の指標となる時価総額は約533億円となっております。また青森銀行には6つの子会社が存在し、それらは青森銀行グループに属しています。

青森銀行においてもキャッシングサービスは行なわれており、ローンを見てみると大きく4つに分けることが出来ます。
具体的に名前を挙げると、“マイカーローン”、“教育ローン”、“カードローン”、“フリーローン”の4つです。
この4つのローンの中で様々な目的で使われるローンは、カードローン、フリーローンのいずれかになるかと思いますので、この2つのローンについて御紹介したいと思います。
まず、カードローンについて見ていくと、青森銀行では2つのカードローンが取り扱われています。具体的には、あおぎんカードローンの“あいたす”と“Aキャッシング”そして“ポチカ”ということになります。
“あいたす”と“Aキャッシング”は条件としてはどちらもキャッシング出来る上限金額が500万円であり、金利に関しては4.8%から14.5%ということで、異なる点はありません。
審査についてお話すると、仮審査の段階ではインターネットで行なうことが出来ますが、本審査になると本店や支店に足を運ぶ必要があります。
もう一つのポチカについて見ていくと、こちらはインターネット専用のカードローンということになっています。金利に関しては11.2%から14.5%の範囲ということで、下限の金利が少々高いものとなっております。ちなみに規模が大きいとされる銀行ですと、下限の金利は4%あたりとなっています。
当然インターネットでもお申し込みが可能となっております。
最後にフリーローンについて見ていきたいと思います。青森銀行のフリーローンは“ライフサポート”、“ゆとり王”、“便利王”の3つのタイプがあります。借り入れを一つにまとめることが出来ますが、お申し込みをインターネットからはすることは不可となっております。
このように青森銀行でのキャッシングを行なおうとする場合、インターネットでは出来ないものも存在しますので、そのような場合どうしてもお金を受け取るまでに時間を要してしまうことが多いですので、注意が必要です。
また、店舗まで足を運ぶ時間的余裕がある場合は、そちらを選択されるのがベストと言えます。

では、次に青森銀行の特徴について、投資の面から見ていきたいと思います。
まず一つ目として、1万円ぐらいの少額のお金で株や債券等を購入できるといったことです。
これは、沢山の顧客から預かっている資金をひとまとめにして、国内や国外といった株や債券等に投資することになるため、1人のお金の力では投資が難しいところでの運用や大きなお金を要するようなレベルの高い運用を行なうことも出来ます。
二つ目は、運用のプロと呼ばれる人たちがあなたに代わって運用するといったことです。
投資を成功させるためには、情報集めやそれに関しての分析を行なっていくことが重要であり、素人には非常に難しいと言えます。青森銀行の投資信託はそういったプロがいる会社があなたに代わり、運用を行なっていきます。
三つめは、少ない金額を分けて投資することができるといったことです。
投資をする上での格言として“卵は一つのカゴに盛るな”というものがあります。
これは、一つだけに集中して投資するよりも、数多くの資産に少しずつ分けて投資する方が、失敗した時のリスクも小さくなるといったことです。
しかし、個人で分けて投資することとなると、それなりのお金も必要となり、容易ではないのも事実です。
そんな時に役に立つのが投資信託であります。
投資信託は、顧客から集めた少額のお金を一つにまとめ、大きなお金として運用していますので、たとえ少ないお金であっても、数多くの株や債券といったものに投資することが可能となり、上手くいけばその恩恵を受けることが出来ます。
最後に四つ目として、投資信託にも沢山の商品(種類)が存在するといったことです。
このように沢山の商品を取り扱うことによって、御客様自身の人生設計や予算に合うような商品を提供させて頂くことが出来るようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です