親和銀行のキャッシングって?

地方銀行である親和銀行は本店を長崎県の佐世保市に置いております。
本店が長崎県にある地方銀行の中では、十八銀行と同等の規模となっている為、十八銀行は親和銀行にとっては敵対関係にあるといっても良いでしょう。
長崎県では指定金融機関とはなっていますが、十八銀行もそうなっている為、力的にはほぼ同等であると言えます。
親和銀行と十八銀行はいずれも長崎県では1、2を争う地方銀行ですが、親和銀行がこれほどの銀行になるには一筋縄ではいきませんでした。
最近の話に限っても、2001年には経営の苦しさから、九州銀行と持ち株会社による経営統合を行なったり、2007年にはふくおかフィナンシャルグループの支配下となって、その子会社となることといったように、経営していく上で色々と苦労し、頑張ってきた銀行であります。そのような努力し続けた結果、お分かりの通り、長崎県において十八銀行と肩を並べるほどの大きな規模を持つ銀行となったのです。
当然、離れた島を含む県内には数多く支店が存在しており、それ以外の近辺としましても、福岡県や、佐賀県といった九州地区や、関東圏では東京といったところにも支店が存在しています。さらに海外としましてはシンガポールや香港そして上海等といったところにも支店を置いていることもあり、このようなケースは地方銀行としてはそれほど例がないでしょう。同時に親和銀行がいかに大きな規模を持っているかということも分かるかと思います。そして、親和銀行にはゆるキャラの“ユーモ”がいますが、このユーモも親和銀行の発展に貢献しています。

親和銀行はとても大きな規模を誇っている為、キャッシングサービスは当然取り扱っていまして、ライバルである十八銀行に劣らない、様々なローンの利用に際しても、好条件で御利用が可能になっていると言えます。数多く存在する親和銀行のローンですが、お勧めは勿論、カードローンまたはおまとめが出来るフリーローンを挙げることが出来ます。
利便性の高いカードローンがお勧めなのは、お分かりかもしれませんが、キャッシングの経験者であるなら、おまとめローンにも目がいってしまう方がいらっしゃるかもしれません。
他の銀行でもおまとめローンというものを聞いたことがある方は、多数いらっしゃるかもしれません。
ただ、おまとめローンをWEBページ上で大きく取り上げている銀行は少ないとも言えます。
ですから、親和銀行はローンに関しても非常に誇れる商品であると言えるのかもしれません。
ですが、カードローンも話題から外すことができません。親和銀行には“ナイスカバー”というカードローンがあるのですが、このローンの特長は、千円といった非常に少ない金額から御利用することが出来ます。キャッシングできる上限金額に関しては、300万円と若干少ないように感じますが、そんなに大きなお金を使う予定がない人からすれば、ナイスカバーは非常に便利だと言えます。アルバイト、パートといったような非正規社員の方でも御利用することが出来ますので、非常にお勧めできるカードローンであるのは間違いありません。

先ほど取り上げたナイスカバーをさらに詳細に見ていきたいと思います。
先の通り、ナイスカバーは千円からキャッシングが出来るということで、少ない金額を希望される御客様の為に作られたカードローンであると言えます。
そう言える理由の一つして、親和銀行のWEBページを含め、ローンを利用した際の金利によって計算できる利息の金額を10万円刻みできちんと出していることからです。
キャッシングを利用している方の中にも、金利が小数点ということもあって、はっきりとした利息が分かっていない方も、多いのではないかと思われます。
このようなことを利用して、儲けようとしている不親切ともいえる銀行もあるわけですから、きちんとした利息の数字を出している親和銀行は素晴らしいと思います。
はっきりとした利息が分かってしまうことで、キャッシングを利用しようとする人を逃がしてしまう危険があることからも、そう言えると思います。
親和銀行でのローンの利率を見てみると、一番大きなところで14.5%となっております。14.5%で1万円を借りようとする場合、あなたは一週間で利息の金額がいくらになるかすぐに求めることが出来ますか?計算が得意な人でないと、計算が面倒であったり、分からない方もいらっしゃるかもしれません。しかし、親和銀行では親切にこういったケースでは「1週間で28円になりますよ」と教えてくれています。
こういった親切心やおまとめローンもあることを考慮すると、親和銀行でキャッシングを利用する際においても、非常に信頼できる銀行であると言えるのではないかと思います。

親和銀行のキャッシングって?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です