荘内銀行のキャッシングって?

地元では荘銀という愛称でも呼ばれる荘内銀行は、本店を山形県の鶴岡市に構えており、地域に根差した銀行であります。
サッカーチームのモンテディオ山形のスポンサーや、山形県内で行なわれている祭りのような行事にも進んで参加していることもあり、山形県内においては、山形銀行の口座をお持ちでない方であっても、銀行名に関しては皆に知れ渡っているほどの銀行であります。
そして地域が大きくなることを目標として色々な仕事をしています。
このことからまた地元の皆から好感を持たれるような銀行となることも目標としていることが見て取れます。
地域に根差した銀行ということで、支店の大方は本店と同じ山形県内に構えております。
本店や支店の数を合わせると80となりますが、その8割弱である63もの本店や支店が同県に存在しており、その他の県としては秋田や宮城が挙げられます。
ですから御客様の大方が、山形県にお住まいの方と言えるでしょう。
荘内銀行の保有している資産だけを見ると、それほど大きい銀行には思えませんが、御客様から預けられている現金や株式等の割合は高く推移しておりますので、経営には心配がないと言うことが出来ます。
またここ最近においては、本店を秋田県に構えていた北都銀行との合併に成功し、宮城県の仙台市の中の青葉区に本社を構えているフィデアホールディングスの支配下となりました。
このことは、フィデアホールディングスが荘内銀行を吸収したことを意味するのではなく、フィデアホールディングス自体が北都銀行との経営統合を目的に作られたものであります。
フィデアホールディングスを山形、秋田いずれでもない場所に構えた理由は、地域の特徴を前面に出さないようにし、他県への業務拡大を目標としていたからです。

荘内銀行においてインターネット上にて申し込み可能なキャッシングとしては、“ドリームコンシェルカードローンプラン”があります。
申し込み可能な条件としましては、成人しており、かつ全て返済できた時の年齢が70歳以下であることとされています。そしてこれは個人向けのローンであり、それに加えて毎月安定した収入を得られていることが条件となってきます。
通常は生活費として使うことを前提としており、他からの借金返済に充てたり、会社の為に使うといったことは禁止されています。
キャッシングできる上限金額としては、10万円から30万円の範囲は10万円刻み、そして50万円。100万円から300万円までが100万円刻みとなっており、そして500万円といった金額の中からお申し込み可能となっています。ちなみに専業主婦の方であれば上限が10万円までとなっており、アルバイト、パートといった非正規社員の方は上限が30万円となります。
万が一、返済期限を守れなかった場合には、通常なら金利が1年で4.5%から14.6%となっているところの上限である14.6%という金利が適用され、余計なお金を支払わなければならなくなります。
返済期限をしっかり守っていくことで、利息だけにとどまらず、信用情報においても信用できる人として登録されますので、返済期限は守るようにした方が後々のことを考えても得です。
もし返済が遅れてしまうと信用情報にもその記録が5年から10年の間は残されると考えられますので、御利用の際は返済については十分注意が必要であります。
また、お申し込みの際に仮審査を利用することによって、審査にかかる時間も短縮することができ、非常に利便性が高いことで好評を得ています。
返済するお金の金額につきましては、現在の借りているお金の残りの金額によって、約定返済額として決定されることになります。

荘内銀行の特徴を挙げるならば、インターネット上でお申し込みが可能な、カードローンである“ドリームコンシェルカードローンプラン”が存在することです。
このカードローンを利用できる条件としては、まず年齢が20歳以上であり、全てを返済した時の年齢が70歳以下であり、かつ個人利用であるといったことが挙げられます。さらに毎月の安定した収入が得られていることも、当然ながら必要となってきます。
通常は生活費に充てることを条件としており、他の借金返済資金とすること、会社の経営の為の資金とすることは出来ないこととされています。キャッシングできる上限金額としては、下限が10万円となっており、以降30万円までが10万円刻みであり、そして50万円、次は100万円に飛び、そこから300万円まで100万円刻みとなり、一番上が500万円となります。
一つ注意したいのは、専業主婦であれば10万円までしかキャッシングが出来ないことと、またアルバイト、パートといった非正規社員の方であればキャッシングできる上限金額が30万円となっていることです。
また当然ながら、返済期限を過ぎても返済できていない場合、“遅延損害金”として、余計に利息を支払うことになりますので、気を付けたいところです。
返済期日をしっかり守ることで、余分にお金を払うことだけに限らず、信用情報にも良い影響を与えますので、非常に大事なことと言えます。
御利用にあたっては仮審査を申し込むことができますので、これを利用することにより、審査スピードも上がるため、高い支持を集めています。
最後にあと一つ特徴を挙げるならば、2012年度より当行より助成金を受けた団体が、地域の特徴を活かしたうえで、地域の発展となるような取り組みを継続して行なっている場合に“荘内銀行ふるさと創造基金地域貢献大賞”を贈るといった取り組みがあるということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です