群馬銀行のキャッシングって?

群馬銀行の経歴についてお話致します

地方銀行である群馬銀行は、名前からも分かる通り、群馬県を中心とした銀行であります。本社を前橋市に置いており、設立は1932年となっていますが、その前身までずっと辿っていくと明治にまで遡ることになります。
当行は支店の数も多く、群馬県をはじめ、周辺の県や遠いところで言えば大阪にまで支店を置いていることからも、広い範囲でサービスを提供していこうという考えを見て取ることが出来ます。
またコンビニに設置されているATMでも群馬銀行の預金の引き出し等が行なえますし、インターネット上で口座を作ることも可能ですので、店まで行かなくても、手軽に口座を作ることが出来ます。
現在はインターネットを活用して便利なサービス等が提供されていることもあり、群馬銀行の業務においても、このようなことから遅れを取らないように、日々前進していこうという考えからきています。
東証一部上場の群馬銀行は、周辺にあります栃木銀行、足利銀行といた銀行とも提携しており、さらにクレジットカード会社のJCB、VISAといったところとも手を組んで、群馬銀行独自のクレジットカードを作ること等によって、普通の地方銀行以上の資本を持つ銀行と言えます。

群馬銀行のキャッシングについてお話致します

群馬銀行においてはキャッシングサービスも取り扱われています。クレジットカードを使ってお金を借りられるサービス、つまりカードローンを取り扱っています。これは他行でも行なわれているサービスです。
群馬銀行では取り扱っているカードを、GBドリームプラスカードと呼んでいるのですが、これにはいくつか選択肢がございまして、ブランドをVISAにするかJCBにするかということや種類を一般にするかゴールドにするかといったことがあります。
一般とゴールド、いずれを選んでもキャッシングサービスを利用することが出来ます。サービスを受けられる所としましては、当行のATMは当然受けられますし、その他日本全国の郵便局等や群馬銀行を取り扱っているATM、コンビニのATMといったところでもキャッシングサービスを受けることが可能です。
キャッシングを申し込みたい場合は、各地の群馬銀行の店舗でも申し込めますし、店舗に行くのが難しい場合にはWEB上からも申し込みが出来ます。
しかし、申し込みにはクレジットカードを申請する際に求められる条件をクリアしていなければ審査を受けることが出来ません。クレジットカードにおいては年齢が18歳に達していることや、収入が安定していること等が条件となっています。まずはこれらに当てはまる方でないといけません。
そして、こういった条件をクリアしているならば、申し込むことが出来ますので、群馬銀行においても審査が行なわれて、審査を通過出来れば、GBドリームプラスカードが利用出来る仕組みとなっております。
また利用の際には、返済を含め、利用するためにかかる会費についてもよく理解しておくことが大切です。

群馬銀行の特徴について詳しく御紹介致します

群馬県内では最も規模があるとされる群馬銀行では、県民の多くが利用していることから、カードローンのサービスの利用に関しても非常に安心感が持てます。
群馬銀行ではカードローンとして、ナイスサポートカードというものがあるのですが、このカードの特徴は、申し込んだその日に融資を受けることができて、しかも限度額が800万円までとなっており、かなり利便性の良いカードローンであると言えるでしょう。
さらに金利についても銀行ということもあって、低めに設定されており、このナイスサポートカードにおいては、2.8%から14.5%の範囲となっております。
そして、保証会社がアコムということもあり、審査に時間がかからずに、すぐに融資をしてもらうことが出来るといったことで、良いことばかりのカードローンと言えます。
ちなみに審査に時間がかからない理由として、アコムが三菱東京UFJ銀行グループとの関連から、信頼がおけるということで、審査も通過しやすくなっております。
しかし、先ほどの金利のところで、2.8%という数字を出しましたが、この金利となるのは借りられる上限が800万円の方であって、さらに利用金額が701万円以上でないとこの金利とはなりません。利用者数が一番多い利用金額は100万円までだと思われますが、仮にこの100万円である場合の金利は14.5%ということになりますので、それほど低くはならないです。
たったの2.8%の金利だと思い込んで、多くの金額を借り入れてしまうと、後で非常に苦労することになりますので、十分注意して下さい。
そして、金利が多い、少ないに関わらず、借りたらなるべく早いうちに返すことを肝に銘じるようにして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です