筑波銀行のキャッシングって?

地方銀行である但馬銀行は、本店を兵庫県の豊岡市に構えております。
但馬地域を業務の中心としている当行ですが、最近では阪神、播磨といった兵庫県の南側においても支店の数が増えつつあります。
ちなみに当行は本店が置かれている豊岡市では指定金融機関となっております。
そして兵庫県以外の京都や大阪といった場所にも支店を置いております。
但馬銀行の前身を辿ると、明治30年まで遡り、美含銀行の設立に始まります。その後の昭和7年には香住銀行へと名称が変更され、昭和31年になりますと、現在と同じ行名である但馬銀行へと名称が変更されることとなります。
但馬銀行おいては、預金サービスとして、普通・定期の2種類が存在し、ローンに関しては教育、マイカー、住宅といった種類が存在しています。
また保険の数も豊富に存在し、例えば個人年金、収入保障、終身、医療・がん、学資といったものが挙げられます。
そして、当行では、万が一、御親族の方が亡くなられた際のサービスとして、相続に関するサービスも行なっています。
サービスの一部を御紹介すると、遺言信託は、遺言書を作る前に相談を行なうことによって、遺言書の作成から保管、書かれた内容を確実に実現されるよう御客様の助けとなるサービスです。
遺産整理は、相続する際に色々と問題となりかねないようなことを、地域の税理士や弁護士等を交えてそれに関する手続きを手伝わせていただくといったサービスでございます。
その他のサービスとしては、インターネット上に銀行を開設していることや、公的年金を受け取る為に必要な手続きをサポートする年金受け取り御予約サービスといったものや、公的年金受給者向けのたんぎん年金倶楽部等といった沢山のサービスを御用意しております。ご不明な点がございましたら、たんぎん相談ダイヤルにお電話いただくか、資料を取り寄せることも出来ますので、是非御活用下さい。尚、お電話はフリーダイヤルとなっています。

但馬銀行においてキャッシングを行なう場合は、但馬銀行カードローンが御利用になられます。
カードローンとしては2タイプ存在し、具体的に挙げるなら、“スピードポケットプラス”、“STORK”の2タイプとなります。
ではそれぞれについて御紹介したいと思います。
まず、スピードポケットプラスは、当行に口座をお持ちでない方であっても、お申し込みをすることができ、契約も行なえます。そして、お申し込みの際もWEBや携帯電話等の端末、お電話やFAXといった様々な方法が用意されておりますので、店に足を運ぶことは不要となっています。また、専業主婦の方、パート勤務の方もお申し込みは出来ますが、その場合はキャッシングできる上限金額が100万円となっております。
当行の口座をお持ちの方で、毎月の収入をきちんと得られている方であれば、上限金額は800万円まで上がりますが、300万以上のキャッシングを行なう際は、収入が得られていることを証明する書類が必要となっていますので、御注意下さい。
つづいてSTORKについても見ていきたいと思います。
まず金利に関しましては、1年で3.9%ということですので、低いと言えるでしょう。そしてキャッシングできる上限金額は200万円となっております。お申し込みについては先ほどのスピードポケットプラスと変わりはありません。
専業主婦の方の場合、主婦の方ご自身が収入を得られていなくても、パートナーにそれがあることで、お申し込みは出来ますが、そういったケースにおいてはキャッシングできる上限金額は30万円となっております。
審査についても見ていくと、お申し込みを行なうとまず、審査が行なわれることになり、審査に関しては、極力その日のうちにご回答することとなっておりますので、とても早いものとなっていますが、お申し込みされる時間帯やお申し込みの混み具合が原因となって、次の営業日となってしまうこともありますので、御注意下さい。
審査に合格されますと、店舗または郵送にて契約に関する手続きをすることになります。
そしてカードが手に入った段階で御利用することが可能となり、そして返済をする際はATMの利用または口座振替も可能ですので、非常に利便性は高いです。

地方銀行である十六銀行は岐阜県の岐阜市に本社を構えております。スタートは明治10年10月となっており、その時の従業員は8名でした。
ちなみに日本においては16行目(こうめ)に設立された銀行となっております。
設立当初は現在の行名ではなく、第十六国立銀行と呼ばれていました。現在の行名となったのは、明治29年の12月のことであり、そして昭和初期には外国通貨の取引も行なうようにました。支店に関しては、東京や大阪、名古屋にも置かれております。
現在、当行は岐阜に存在する銀行の中では大きな占有率となっており、東海地区においては上位に位置する銀行であります。
営業をしている地域は岐阜県の他、三重や愛知にも拡大しており、特に愛知の中でも人口が多いとされる刈谷市や豊田市をメインとして新たな御客様となる方達の獲得を目指しております。
これからも発展していく銀行であると言えるのかもしれません。
また、十六銀行は地域に根差した銀行であると言うことが出来ます。
岐阜県内においては、様々な場所に当行の支店、ATMが設置されています。
最近できた支店においては窓口に椅子を置くことによって、御客様が楽に相談等が出来るよう工夫されております。
このような新たな取り組みによって、地域の皆様と共に成長していく銀行であると言えるでしょう。
そして、当行で行なっているポイントサービスはこれを同様に取り入れている他行とは違う点があります。
それは何かというと、当行では“J-pointスタイル”というものを導入しており、T-pointやWAONといった他社のポイントへ交換することが出来るということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です