第四銀行のキャッシングって?

地方銀行である第四銀行は、本店を新潟県の新潟市の中の中央区に構えております。
平成25年3月末日時点でのデータによると、保有している資産が関連会社等を含め、約4兆8958億5000万円となっており、従業員が同2635名となっており、東証一部に上場を果たしております。
ここで、補足として第一銀行、第二銀行、第五銀行について説明すると、これらの銀行はそれぞれ順にみずほ銀行、横浜銀行、三井住友銀行を指しています。
新潟県内においては、第四銀行は他の銀行のお手本的な存在となっており、新潟県では力を持っている銀行であり、新潟県、新潟市においては指定金融機関となっています。
第四銀行の前身を辿ると、1873年まで遡ることとなり、その年の11月において、市島徳次郎氏を含めた方達が中心となり、第四国立銀行が設立されたことに始まります。
2006年3月になりますと、新潟県を中心に業務を行なっている新潟証券と資本を持合うことによって、新潟証券を第四銀行の支配下とすることとなりました。そのことによって、銀行の中では初となる、銀行と証券の機能を併せ持った支店等が次々と誕生しています。
また新潟銀行には7つの関連会社が存在します。
具体的には、第四信用保証株式会社・だいし経営コンサルティング株式会社・新潟証券株式会社・第四リース株式会社・第四コンピューターサービス株式会社・第四ジェイシービーカード株式会社・第四ディーシーカード株式会社となっております。

当然、第四銀行においても、様々なローンを用いたキャッシングサービスは取り扱われていますので、心配は無用です。
第四銀行においてのキャッシングの利用を考えた際、用いられるローンとしてカードローンもしくはフリーローンのいずれかを選択されることになるかと思いますが、利便性を考えると、カードローンの方を選ばれた方が賢明かと思われます。
第四銀行では3つのカードローンを取り扱っており、勿論、3つのローンには異なる特徴があります。
それら3つのローンの名前を挙げると、“解決スピーディー”、“D-スタイル”、“DJオーナーズカード”となります。
これらの中ではDJオーナーズカードが少し条件面で厳しくなっており、必要な条件が第四銀行において、住宅ローンの利用をしていることとされています。
しかし条件が厳しいということもあり、金利に関しては変動制となってはおりますが、1年で4.6%という非常に低い設定となっております。キャッシングできる上限金額も200万円に設定されていることも、住宅ローン利用者にとってはとてもありがたいことであります。
残りのカードローンについて見てみると、より普通と言えるのは解決スピーディの方だと言えます。条件を見ても、年齢に制限があることや、毎月きちんと収入が得られていること、そして、お住いの住所に第四銀行の支店が存在しているといったことは、どこの銀行でもあることだと言えます。
上限金額を見ても500万円と多い金額となっており、金利に関しても固定金利であり1年で4.0%ということですので、良心的であり、利便性も高いと言えます。

ですが、第四銀行で一番大きな特徴を持っているのは最後に御紹介するD-スタイルであります。このカードローンはキャッシングできる上限金額が200万円となっております。
先程の解決スピーディが500万円でしたから、かなり低く感じるでしょう。
そう設定されているのにはきちんとした訳がありまして、それは、10万以下のキャッシングであれば、専業主婦といった収入の少ないような方でもキャッシングをすることが出来るという事実があるからです。普通なら毎月の収入が安定しているという条件が付いてきますよね。その代わり別の条件として、「現在の家に住まれて1年以上経過している」という条件が付いてくるのがこのローンの特徴であると言えます。要するに無収入であれば、現在の家に1年以上住んでいれば良いことになります。
当然ながら、10万円以上のキャッシングをしようとする場合は、利用者本人が毎月きちんとした収入を得られているか、現在勤めている会社に1年以上勤めているか、もしくは会社を立ち上げてから1年以上が経過しているかといった点、それと年齢も見られることになります。
このように、このカードローンは10万円で区切られてはいますが、何らかの事情等で収入が入ってこない方にとっては、現在の家に1年以上住んでいるだけでキャッシング出来るわけですから、これほどありがたいものはないかと思います。驚くほどの上限金額が設定されているところも多いため、少し感覚が麻痺しがちですが、10万円というお金は決して金額としては少なくはないということを忘れないで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です