百十四銀行のキャッシングって?

第二地方銀行である株式会社南日本銀行は、本店を鹿児島県の鹿児島市にある山下町に置いております。
平成26年3月末日時点でのデータによると、関連会社等を含め保有している資産が7298億6000万円となっており、従業員は同じく622名となっております。
ちなみに東証一部には上場していません。
株式会社南日本銀行の前身を辿ると、1913年まで遡り、その年に設立された同仁貯金合資会社が始まりとされています。1951年に相互銀行法が施行されたことによって、名称を株式会社旭相互銀行へと変更になりました。そしてさらに1989年には普通銀行へと立場が変わり、名前も現在と同じ株式会社南日本銀行へと変更になりました。
店舗について見ていくと、本店が存在する鹿児島市内をメインとする同じ鹿児島県内といった他、県外についても見ると、宮崎、福岡、熊本、東京にも支店が構えられています。
とりわけ当行の東京支店においてはビルの中に構えられており、九州において第二地方銀行協会に加盟している銀行の中で、このように東京に支店があるのは、現在のところ、当行のみとなっています。
関連会社としては2社存在し、具体的に挙げると、なんぎんリース株式会社・南九州サービス株式会社となっています。
当行の本店の建物は、昭和の初めに造られたものとなっており、建築の学問的見地からしても、重要なものとされています。
複数の建築様式が用いられているため、“近代から現代への過渡期の作品”とも呼ばれております。
この建物はまた鹿児島県においてはランドマークとしても用いられており、同県にある建物に使われている建築様式の中では最古となっており、そのため、1998年、国においての登録文化財に登録される運びとなりました。

勿論、南日本銀行においても様々なローンを用いたキャッシングサービスが利用可能となっています。
もっと言うと、“373net.jp”という名前の南日本銀行で利用できるローンの全てが分かるWebページが存在します。
もし南日本銀行で、キャッシングサービスを受けるとなると、その際はカードローンまたはフリーローンを用いることになるかと思います。
南日本銀行においてのカードローンとフリーローンはともに複雑に分類するようなことはしておらず、いずれも1つのみ取り扱われています。それは、カードローンにしてもフリーローンにしても質に関して自負しているとも取れます。
それぞれについて御紹介すると、カードローンは“WAZZECA”、対してフリーローンは“HAE”という名前であります。
いずれもキャッシングできる上限金額が500万円となっており、やり過ぎと呼べるぐらいのローンと言っていいかもしれません。当然ながら、両者には各々で特徴を持っているわけですが、共通点として挙げられるのは、インターネット上の“373net.jp”を通してお申し込みを行なった場合の審査スピードが早いということです。
驚くことにいずれにおいても、“クイック診断”と呼ばれるものを利用することによってたったの3秒という時間で利用可能か否かについての診断を行なうことができますし、実際に申し込みの際も完了までにかかる時間が7分となっています。
当然、審査そのものも短時間で結果を知ることができ、南日本銀行に口座を開設されている方であれば、たったの1時間19分となっており、そうでない方であっても4時間弱となっていますので、その日の内に御利用することが出来ます。申し込んだその日に融資を行なってもらえること自体は、他にも沢山存在しますが、当行と同じくらい早く融資を受けられるローンは殆どないかと思われます。スピード重視でキャッシングを受けたいなら、南日本銀行を利用するほかないと思われます。

当然ながら、南日本銀行のローンの特徴は早いことだけではありません。そして“WAZZECA”と“HAE”いずれにおいても利用する価値というものはあります。
そのことについて説明していくと、最初にこの2つのローン共にパート、アルバイトといった非正規社員の方、もしくは専業主婦をされている方であっても、毎月の収入がきちんと得られていることによって、利用することが出来ます。そういったことにも関わらず、キャッシングできる上限金額に関しても、500万円とかなり高いものとなっており、その上金利に関しても低く設定されていますので、驚愕されても不思議ではありません。
次にそれぞれのローンを個別に見ていくと、カードローンの“WAZZECA”に関しては金利が1年で4.8%から14.5%となっております。下限の金利が5%を切るということだけでも物凄く低い金利であると言うことができますが、南日本銀行のローンの素晴らしいところはまだ他にも存在します。それは何かというと次に御紹介するフリーローンの“HAE”のことであり、このローンの下限の金利は1年で3.8%から14.5%ということですので、これもまた驚かないわけにはいきません。
他を探しても4%未満の金利というものはないかもしれません。5%未満でも十分満足できる金利と言える低さです。
そういうこともあり、この滅多に出会うことが出来ない金利に出会えたからには、もう利用するしかないです。
それに加えて、“WAZECCA”に関しては利用可能な金額の単位が10万円であることに対して、“HAE”に関しては1万円となっておりますので、細かなキャッシングを行なうことが出来るものとされています。
言うまでもなく、“WAZECCA”を見ても、カードローンならではの利便性の高さといった特長を持っていますので見逃すわけにはいかなく、どちらを利用した方がより良いのか?といった贅沢な悩みを抱えてしまいそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です