清水銀行のキャッシングって?

地方銀行である清水銀行は、本店を静岡市の清水区に構えております。
平成25年3月末日時点でのデータによると、保有している資産は関連会社等を含めて、約1兆4880億2000万円で、従業員は同1106名となっており、東証一部に上場を果たしております。
清水銀行の前身を辿ると、1928年(昭和3年)に設立された創駿州銀行に辿り着きます。この銀行は、当時の富士川、江尻、庚子、由比、蒲原、岩渕の6つの銀行が合併したことによってできたとされています。
その4年後には、当時の清水銀行との合併に成功しました。
そして、時が流れて2003年にはその前年に倒産した中部銀行の業務の一部を受け継ぐこととなり、そのことによって、中部銀行が担当していた静岡県の中部や西側に存在していた支店を受け継ぐこととなります。ちなみに東京スター銀行や静岡中央銀行も中部銀行の業務を受け継いでおります。
静岡全体の銀行等で貸し出されているお金の内、清水銀行の割合は7%を若干切るぐらいです。
清水銀行は設立された当初からスポーツの方面にも活動を広げており、サッカーチームである清水エスパルスを応援し続けています。
J1でのエスパルスのシーズン終了時の順位によって、預金することによる利率を上げてもらえるといった、その名も“清水エスパルス応援定期預金”というサービスを行なっています。
清水銀行はまた、地域に根差した銀行を目指すため、“地域密着型金融推進計画”というものを策定し、業務の見直しを行なった結果、清水銀行に存在している22ある店舗を大きく5つに分けました。
分けた結果、清水区内や本店が含まれている地域である“エリア店”、そして、エコー店とフィット店と呼ばれる17の支店を支配するブロック店に分けられることとなったのです。
こうすることによって、さらに地域に根差した銀行という目標の達成に近づくことになり、地域の皆様方が満足出来るような、業務を提供できることとなります。

当たり前のことですが、清水銀行は静岡県の中では有名な銀行ですから、キャッシングサービスは行なっております。
それに関連してローンの種類も多く取り扱っております。そして、ごく普通にキャッシングを利用されるなら、カードローンまたはクイックローンとなることが殆どだと思います。
クイックローンは、他ではフリーローンと呼ばれていることが多いかもしれません。
カードローンは清水銀行では3つの種類を取り扱っています。具体的には“スピードカードローン”、“トクトクカードローン”、“アシストカードローン”の3つです。当然3つそれぞれ違った特性を持っています。
そして、この3つの中で、一番利用することが難しいのはトクトクカードローンです。
それは条件が、「当行での住宅ローンの利用」または「給料の受け取りに当行を利用」のいずれかを満たしている必要があります。
しかし、このような厳しい条件ということもあり、条件にあてはまっている方にはきちんとしたメリットが存在します。
例を挙げるならば、1年間の金利に関して変動金利ではありますが、6.775%となります。
キャッシングできる上限金額が50万円となっていますから、このことを考えると信じられないほどの低い金利であると言えます。
もしあなたが清水銀行をすでに御利用されているなら、トクトクカードローンは利用しないと絶対損ですよ。

トクトクカードローンの他にまだ2つのカードローン、そして、クイックローンがありますので、こちらについても御紹介致します。どちらもとても良いローンとなっています。
最初に、クイックローンについてですが、こちらはローンの中でもキャッシングできる上限金額が一番多いローンであります。金額は500万円となっていることに加え、金利に関しても1年で6.6%から7.6%という低金利となっております。
さらに条件を見ても、“年齢”、そして、“1年間の収入が150万円以上”、“現在の勤務先に1年以上勤務している”という全然厳しくない条件となっており、驚きの連続です。
ですから、もしキャッシングの利用を検討されているならば、クイックローンが絶対お勧めです。
当然、カードローンにはカードローンの良いところがあります。キャッシングできる上限金額が低いため気軽に利用できるといった点と言えるでしょう。
スピードカードローンであれば、上限金額が100万円となっているのにも関わらず、1年間の収入を問われることはありません。毎月収入をきちんと得られていれば良いのです。
アシストカードローンは利用の際の条件はクイックローンと同様となってはおりますが、金利に関しては、スピードカードローンとよりも約4%低い設定となっております。
こういった3つそれぞれ良い特徴を持ったローンの中から、自分に適しているものを選ぶことが可能であるといった点が、清水銀行のキャッシングの特徴とも言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です