愛媛銀行のキャッシングって?

第二地方銀行である愛媛銀行は同じ県内にあり、第一地方銀行の伊予銀行の次に多くの資金を持っているとされています。愛媛銀行の本店は愛媛県の松山市にあります。
平成25年3月末時点で、関連会社等を含めた資金や従業員については、資金はおよそ2兆3308億円、従業員は1509名となっております。
次に「ひめぎん」とも呼ばれる愛媛銀行の歴史について触れていくと、はじまりは同県内の5つの無尽会社の合併によるものとされています。現在は代表取締役頭取であります本田元広氏の下、東証一部に上場しました。
そして、「銀行内の人間がお互いに助け合う」ということを行員に徹底させることによって、地域の人にも同じくそれを行なっています。
また、愛媛銀行では3つの経営理念を掲げており、その3つとは“ふるさとの発展に役立つ”、“たくましく発展する”、“働きがいがある”といったことを経営活動の方針としており、地域の方々の要望にお応え出来るように努力しています。
愛媛県の主な業種は、海運や製造業となっており、特に海運に貢献していると言われています。
愛媛銀行が目標としていることは、一番初めに相談してもらえる銀行であることです。
そのためにはまずは御客様のことを最優先して考えることとしています。そしてその結果御客様が当行を満足して御利用出来るようなりますし、それには、従業員の教育も必要となってきます。
また愛媛銀行は、環境や文化に加え、スポーツや教育といったことにも積極的に関与しています。このように様々なことに積極的に参加することによって、地域に根差すこととなり、御客様に対して喜ばれるサービスを行なっていくことも出来るようになります。

愛媛銀行ではキャッシングサービスを行なっていまして、カードローンやフリーローンといったものを他行と同じく取り扱っており、複数の種類が存在します。
その中でも一番目立つのが、”円姫”という名前のカードローンだと思われます。
カードローンの種類は日本に存在する銀行と同じ数だけあるといってもいいぐらいですが、その中に“姫”が使われているものはこれ以外ほとんど存在しないかもしれません。
こういったことから、当行のカードローンの円姫はお勧め出来るものであると確実に言うことが出来ます。
これは私の想像ですが、姫という言葉は、優しい女性をイメージするものでありますから、その「優しい」ということが売りだということを理解してもらうために、こういった名前を付けたのではないかと思います。
当然、利用するためには審査が必要となってくるのですが、「優しい」が売りにしているため、審査に関してはそれほど厳しくはないことと思われます。
実際、ホームページ上にも、遠慮はしないで下さいといった内容が書かれていることもそのことを裏付けています。
手続きに時間がかかるようなこともありませんので、まだキャッシング先の銀行が決まっていないのであれば、当行をアテにしてみるのも一つの手かもしれません。

“ひめぎん”という名前で呼ばれ親しまれている愛媛銀行は、地域との関わりを大事にしていることから、県内の全地域に支店やATMが存在しています。インターネット上に銀行を開設することが主流になってきたことから、愛媛銀行においてもスマホ口座というものを立ち上げました。この口座は1年中どの時間帯であっても開設することができますので、非常に便利です。
そして、ある特定のATMでは、ATMを利用する際の手数料がかからないというのも魅かれるものがあります。スマートフォンを御利用の方はアプリもございますので、さらに便利になるかと思われます。
また環境の面からは地球にやさしい活動も行なっておりまして、愛媛県に存在するほぼ全店舗から、天ぷらに使用した使用済みの油を回収しています。
このことによって、ゴミを減らすことが出来たり、石油の使用を抑制することにもつながりますし、温暖化も防ぐことが出来ます。また回収された油はディーゼル車の燃料としても使えますので、リサイクルをしていることにもなります。
また県内の国立大学との連携によって、講演会を公開することも行なっております。
言うまでもなく、公開ということから、学生の方は勿論、地域にお住いの一般の方も参加することが出来ますので、是非御参加下さい。
最後にもう一つ御紹介するのが、愛媛銀行では地元を活気づけるために“感性価値創造推進室”というものを創り上げたということです。
これは、地元の人々の企業に対するイメージを向上させることを目標とし、創られたものであります。

愛媛銀行のキャッシングって?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です