徳島銀行のキャッシングって?

第二地方銀行である株式会社徳島銀行は、本店を徳島県の徳島市に置いております。
平成25年3月末日時点でのデータによると、資本金が110億となっており、従業員は997人となっています。ちなみに東証一部に上場を果たしております。
徳島銀行の前身を辿ると、1918年にまで遡ることとなり、その年の3月3日に富岡無尽合資会社の設立により始まります。その18年後の1936年に5月24日においては富岡無尽株式会社ができ、1948年の2月には徳島無尽株式会社へと名称が変更となり、1951年の10月20日には、相互銀行へと立場が変わることとなります。それと同時に株式会社徳島相互銀行へと名称が変わります。
普通銀行へと立場が変わったのは、1989年の2月1日のことであり、それと同時に名称も現在と同じ株式会社徳島銀行へと変更になったのです。
本店を徳島に置いている当行ですが、その他にも関西や東京といったところにも進出し、店舗を拡げていきました。
徳島銀行の宣伝文句となっている、“つきあえば、とくぎん、徳島銀行”の通りに、地域に根差した経営を行なうことにより、地方銀行の役割である、地域の顧客の皆様方が満足できるようなサービスを行なっていくこととしています。
また本店が四国に存在する地方銀行や第二地方銀行では初となるISO14001を取得したこともあり、吉野川を清掃するといった、まちを綺麗に清掃するといったような活動、いわゆるアドプトプログラムへの参加、高丸山千年の森づくりへの参加といった、地域の為となる活動を一生懸命行なっております。

徳島銀行においてもきちんと様々なローンを利用してのキャッシングサービスを提供しておりますので、心配する必要はありません。
徳島銀行においてキャッシングを行なうとなると、カードローンもしくはフリーローンのいずかれを選択することになり、そして利便性を考えると、カードローンの方を薦めたいと思います。
さらに嬉しいことに徳島銀行においては2タイプのカードローンが用意されています。
この2タイプのカードローンの名前を御紹介すると、“カードローンパートナー”、“とくぎんカードローン・サポート”ということになります。
各々で利用にあたっての条件は違いますが、どこにでもあるような最低の条件というものは同じであります。つまり、毎月きちんと収入が得られていることや、年齢が条件の範囲内であり、かつお住まいの地域に徳島銀行の支店が存在するかもしくは、支店が存在する地域に勤めていらっしゃる方といったことになります。
何より先にこれらの条件をクリアしていないことには、カードローンを利用することは出来ません。
次に“カードローンパートナー”についてお話すると、このカードローンは先ほど挙げた条件にプラスして複数の条件をクリアする必要がありますので、これについて見ていきたいと思います。
条件の一つ目としては、徳島銀行と1年以上お付き合いがある方、そして二つ目が、キャッシングの金額によりますが、自営業を営んでいる方であれば、どれだけの期間営業をされているか、会社員の場合は現在の勤め先に3年以上続けて勤務されている方となっています。
率直に言って、結構きつい条件であると言ってもいいですが、その代わり、このローンを利用して200万円を借入したとしても、金利に関しましては、固定金利となっており、1年で9.3%という低金利で御利用することが出来ます。このような金利で借りられることを考えると、条件をクリアいるならば、それほど悪いものではないのかもしれません。

徳島銀行が始まったのは大正7年となっており、会社の目指すべき姿として“地域のみなさまとともに”ということを掲げ、業務を遂行してきた銀行と言えるでしょう。
徳島県においては全ての地域に支店やATMを多数設置しております。特に強調したいのは、ATMを複数台置いている場所には、目が不自由な方のために向けた機械を置いていることや平日のみのらず、日祝日においても利用可能なATMが沢山あるということです。
さらにインターネット上に口座を開設することも可能です。
インターネット上にある銀行で出来ることは、残高照会、入金や出金に限らず、行なった操作を確かめることや、過去の取引内容の確認、現金の振り込みや振り替え、自動的に預金を行なうといったサービスが存在していますので、様々なことを行なうことができ、ローンの返済等についての模擬実験を行なうことも出来ます。
また徳島銀行は基本方針に書かれていることをしっかり実現しているとも言えます。
それは地域の中の一人として、進んで行事に参加する等といったことから、見ることが出来ます。
具体的に挙げるなら、徳島県の伝統的な祭りである、阿波踊りに会社としての参加、また経営や財務、税務といったような、特定の主題・業種をターゲットとした講演等を行なうといったことも進んで実行していることも挙げることが出来ます。
さらに、女性の方も男性と変わらず採用枠として取り入れています。そして、平成32年度末において、女性の管理職を今の2倍とするといった方針を掲げたり、育児休暇、産前・産後休暇も積極的に取ることが出来るよう努力しています。そういったことから、徳島銀行は利用者である顧客のみならず、勤務している人達にとっても、十分満足のいく銀行であると言えます。

徳島銀行のキャッシングって?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です