広島銀行のキャッシングって?

広島銀行の経歴について御紹介致します

地方銀行である広島銀行は、本店が広島県の広島市中区にあります。
広島銀行の前身を辿っていくと、第66国立銀行から始まり、旧藝備銀行から新藝備銀行となり、そして廣島銀行となっていったのですが、これら以外にも合併された銀行は存在し、例えば、廣島商業銀行や三次貯蓄銀行等が挙げられます。
ちなみに合併されたのは1945年のこととされています。
それから、25年後の1970年には東京証券取引所と大阪証券取引所への上場を果たし、広島銀行という名前に変わったのが1988年であります。
2003年になりますと、トマト銀行との提携により、互いのATMを利用する際の手数料が無料となりました。
その2年後にはDCカードのフランチャイズとなることで、クレジットカードも取り扱うことになりました。そして2008年、ひろぎんウツミ屋証券が広島銀行とウツミ屋証券の合弁によって設立され、その後の2014年千葉銀行をはじめとする9つの大手の地方銀行と「地域再生・活性化ネットワークに関する協定書」の締結を行ないました。
広島銀行の従業員の数はおよそ3000人となっており、主要株主としては、明治安田生命保険・三菱東京UFJ銀行・日本興亜損害保険・日本トラスティ・サービス信託銀行・広島銀行従業員持ち株会・中国電力・住友生命保険・シーピー化成・みずほコーポレート銀行等が挙げられます。

広島銀行のキャッシングについて御紹介致します

広島銀行にはキャッシングが豊富に取り揃えられています。実際に名前を挙げていくと、マイライフ+、ハローローンワイド、公務員カードローン、スーパーカードローンVIP、ミニコーム公務員カードローン、マイライフ+ルティアラ等があります。
ではこれら6つの商品の特徴を見ていきたいと思います。
まず、マイライフ+とハローローンワイドについて見ていきます。この2つのローンは、学生の方は利用することが出来ません。そして、借りられるお金の上限は10万円から500万円の範囲となっており、そして、昨年度の収入が200万円以上で56歳以下の成人の方ということになっております。
つづいてスーパーカードローンVIPは、借りられるお金の上限が1000万円までに跳ね上がります。利用できる条件は、年齢が68歳以下の成人の方ということになっております。
公務員カードローンは、借りられるお金の上限が300万円となっており、名前からも想像できますが、対象が公務員の方のみとなっております。上限が300万円までとなっておりますが、あくまで上限であって、収入によってこの数字は変わってきます。
ミニコーム公務員カードローンの特徴は、引き落としの際に口座の残高が不足していた場合にも自動で融資を行なってくれるということです。
このようなことから、広島銀行では利用者の属性等に応じて、様々なキャッシングが用意されていると言えます。

広島銀行の特徴について詳しく御紹介致します

広島銀行にはカードローンが7タイプと数多く取り揃えています。
他の銀行よりカードローンが多く揃っていますので、本当に自分に合うものを選択することが可能となりますし、またそのことによって、返済の見通しも立てることができますので、ローンを効率よく使うことが出来るようになります。このような事は他を探してもそれほどないと言えます。
数多くのローンを取り揃えている理由としては、多く揃えることで、なるべく多くの人に広島銀行のキャッシングを利用してもらいたいという意図からです。
審査についてもなるべく通すようにしています。
そして、数あるカードローンの中で最も低い金利は3%となっており、金利については高いものほど、審査には通りやすい傾向があります。
そのため、借りられるお金の上限は30万円と少し低めの設定となっているのですが、収入が少ない方でも利用することが可能ですので、カードローンの利用を強く希望している方であれば、お申し込みをされるのもいいかもしれません。
先ほど挙げた3%の金利のカードローンについては、借りられるお金の上限が1000万円とかなりの高額となっております。そのため、年収についてはかなり厳しめに見ており、パート、アルバイトといった非正規社員の方や、年金が支給されている方は利用することが出来ませんので、御注意下さい。
年収が低い等の理由で、このローンが利用できないといった方達は、この他にも色々なカードローンを用意しており、このローン以外であればお申し込みをすることが出来ますので、そちらの方で考えてみるといいかもしれません。また女性の方には女性の方を対象にしたローンも用意しております。金利も低めにしておりますので、利用もしやすいと思います。お勧めしたいローンでありますので、御検討してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です