大光銀行のキャッシングって?

第二地方銀行である大光銀行は本店を新潟県の長岡市に置いております。
その他の地方銀行と比べると、それほど大きい規模を誇っているわけではありませんが、地域に密着しており、また確実とも呼べる経営に対しての姿勢が大光銀行においての一番の特徴とも言え、地域に存在する銀行としてはある程度の位置に止まっています。
そういったことから、新潟県内における支店数は60以上となっており、新潟県内の人々や新潟県内に存在する会社に向けて、お金を貸し出したり、御客様のためとなるサービス等を確実に遂行してきていると言えます。
さらに、新潟県以外でも神奈川、東京、そして埼玉といった首都圏と呼ばれる地域においても複数の支店を構えておりますので、新潟からそれらの地域に移り住んだ方達から見ても多大な力となっていると言うことが出来ます。
当たり前のことかもしれませんが、インターネット上にも銀行が存在していることや、セブン銀行や郵便局、イオン銀行等といった様々なところとの提携により、日本全国の人々が大光銀行のサービス等を受けることが出来るようになっています。
とりわけ新潟県を拠点としている数ある地方銀行において、イオン銀行と最初に提携することとなったのは大光銀行であります。
これは、自分たちの力でイオン銀行を新潟県に広めたということに加え、大光銀行が地域に根差した経営を行なってはいますが、他県にも目を向けていることを表しているとも考えられます。

大光銀行においても、キャッシングサービスは行なわれています。
多くの方は銀行でキャッシングをしようとする時には、用いるローンとしてカードローンやフリーローンを用いることになり、大光銀行においても例外ではありません。
しかし、他の銀行ではカードローンに力を入れがちですが、大光銀行においては逆で、フリーローンの方に重きを置いていると言えるのかもしれません。
そのように言える根拠としては、取り扱われている種類から見ることができて、カードローンが1タイプで、フリーローンにおいては3タイプ存在しています。
つづいて条件ついても見ていきたいと思います。まず、どちらも変わらない条件としては、「どの銀行のローンにも存在する条件」となっております。
例えば毎月の収入がきちんと得られていることや、年齢が条件の範囲内であり、かつ大光銀行の支店が存在するところに住んでいる、もしくはそこに勤務しているといったものになります。
フリーローンについて見てみると、フリーローンの中に“フリーローンモアプラス”といったものがあるのですが、これは先に挙げた条件をクリアしているだけで利用することが出来るのですが、カードローンの“たいこうカードローンEX”を見てみると、先に挙げた条件にプラスして、「正規社員として1年以上勤務した経験があること」、「自営業者の場合は2年以上営業していること」が条件として出てきます。
銀行からすれば、お金を貸す以上はこのような条件は満たしておいてほしいと考えるのは当然のことであります。
ですが、利便性を考慮すると、条件のあまりない方のローンに利用者が注目してしまうことは当たり前のことであると言えるのかもしれません。

あと少々の間大光銀行においてのローンの特徴についてのお話をさせていただきます。
まず、“フリーローン・モアプラス”を利用することの利点について述べていきたいと思います。
一つ目としてはキャッシングできる上限金額が多いことでしょう。
このローンの上限金額が500万円となっており、金利に関しましては、固定金利であり、利率は1年で5.5%から14.0%に設定されております。それに加えて、キャンペーン中の今であれば、2015年の3月末日までの間に大光銀行のWEBページ上からお申し込みを行ない、2015年の4月末日までに同行においてキャッシングサービスを御利用になることによって、金利を通常のものから1年で1.0%下げてもらえるといった待遇を受けることが出来ます。
それに対して、“たいこうカードローンEX”について見てみると、こちらはキャッシングできる上限金額が300万円となっていて、金利に関しましては、固定金利であり、利率が1年で12%に設定されております。この情報からではどちらが優れていると確信しては言えないですが、“フリーローン・モアプラス”がキャンペーン中であること、またキャッシングの上限金額が大きいといったことを考慮すると、“フリーローン・モアプラス”に重きを置いているように感じるのは当然と言えるのかもしれません。
ですが、“たいこうカードローンEX”に関しても、時間や場所を問わずにお金を借りることができるといった、カードローンの特長といえるものを持っていますので、見逃すことは出来ません。
これらのことから分かる通り、カードローンそれぞれに選択の決め手となるものが存在し、どのカードローンにするかということは、利用者がどんなことに利用するかによって違ってくるものであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です