四国銀行のキャッシングって?

第一地方銀行である四国銀行は、本店を高知県の高知市に置いている銀行であります。
平成25年3月末日時点でのデータによると保有資産は関連会社等を含めると、およそ2兆7049億4000万円であり、従業員は同1518名となっております。
東証一部に上場に果たしており、高知県の指定金融機関でありまして、県内では最も大きい金融機関となっております。
前身を辿ると、1878年の第三十七国立銀行となり、これは土佐郡下知村農人町38番邸に設立されたとされており、同年にも第百二十七国立銀行が設立されました。
1896年になると、第三十七国立銀行が高知第三十七国立銀行と名称を変え、その同年には高知第三十七国立銀行と第百二十七国立銀行が合併したことによって、新たな高知第三十七国立銀行が誕生しました。翌年の1897年には株式会社高知銀行と名称を変え事業を続けました。1919年になると、株式会社土佐貯蓄銀行との合併を1944年には株式会社土豫銀行の買収に成功することとなります。そして、その翌年の1945年にも株式会社土佐貯蓄銀行と合併を果たしたと言われています。このような非常に長期におよぶ合併と買収が行なわれた結果として現在の四国銀行というものが存在しているわけです。四国銀行は117の店舗を持っており、これまでに挙げたような長期間で蓄積された御客様の情報や、他店舗からの情報によって、より沢山の御要望に対応するための知識や道具として広く使われています。

四国銀行にもキャッシングサービスがございますので、少し触れていきたいと思います。
キャッシングを行なう方法としては2タイプが存在します。
まず“フォーシーカード”について述べますと、これはキャッシュカードとクレジットカードが一体となったものであります。
ですから、百貨店やスーパー等のクレジットカードが使えるお店で、クレジットカードのVISAと同じ役目を果たしますし、もちろん、携帯の支払いや電気料金の支払いにも利用することが出来ます。
それらに加えてキャッシュカードとしても使えますから、四国銀行のATMやコンビニ等の提携先のATMで預金の引き出し等が行なえます。
また四国銀行で時間外にATMを利用しても、その手数料がかからなかったり、“ETCのカードの年会費”が0円、“ケータイクレジットiD”を利用した際の年会費が0円になるといった特典がございます。
そして、四国銀行のWEBページでは、カードの使用履歴等を確認することができますので、是非御利用下さい。
ただし、御利用にはVpassIDの登録が条件となっておりますので、予め御承知おき下さい。
次に御紹介するのは、“フリーカードローン”です。このローンはキャッシングできる上限金額が30万円からスタートし、以下50万円から500万円までは50万円刻みとなっており、500万円から800万円までは100万円刻みとなり、全部で14のタイプから選択できますが、専業主婦の方や、パート、アルバイトといった非正規社員の方は、30万円しか借りることが出来ません。
金利に関しましては、1年間で4.5%、4.8%、7.8%、8.3%、10.3%、13.3%の6通りの中から設定されます。
ご覧の通り、銀行特有とも言える良心的な金利となっておりますので、他からの借金をまとめる時にも便利です。また当行で住宅ローンを御利用の御客様は先に上げた3つの金利から0.5%引いてもらうことができるので、非常に良いサービスと言えます。

それでは、四国銀行のカードローン“フリーカードローン”特徴について軽く御紹介したいと思います。ちなみに四国銀行でカードローンと言えばこれしかありません。
まずキャッシングできる上限金額は一番下が30万円となっており、次が50万円となっていて、そこから50万円刻みで500万円までいくと今度は100万円刻みとなり、一番大きくなると800万円まで借りることができます。
金利に関しましては、4.5%からスタートして、以下4.8%、7.8%、8.3%、10.3%、13.3%の6つの中の固定金利となっていまして、この金利は審査の内容や借りる金額によって変わってきます。最低金利が4.5%ということや一番かかっても13.3%とそれほど高くはないので、非常に良心的な金利と言えるでしょう。
さらに住宅ローンを四国銀行で利用することによって、上記の6つの金利から、さらに0.5%引いてもらえるサービスも行なっていますので、地元の人の事をよく考えられたカードローンであります。そういったことから、四国銀行の支店が存在する地域で勤務されているかもしくは、そこにお住まいの方といった条件がございます。
このように言うと、四国県民しか利用できないのでは?と思われがちですが、支店は四国以外にも東京、大阪、兵庫等幅広くあることから、東京等の大都市にお住まいの方であっても御利用は可能です。
当然ながら、年齢や収入については申し込みの際の条件となってきますが、四国銀行にはこれしかカードローンがありませんので、審査に関してはそれほど、厳しくないと思っても間違いではないのかもしれません。

四国銀行のキャッシングって?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です