仙台銀行のキャッシングって?

第二地方銀行である仙台銀行は、本店を宮城県の仙台市の中の青葉区に置いており、関連会社等を含め、保有している資産がおよそ1兆184億5000万円となっており、従業員は同726名となっております。
仙台銀行の前身を辿ると、1951年まで遡り、振興無尽株式会社の設立に始まります。
設立された背景には、経営が非常に苦しくなっていた地元の企業を救うため、当時知事をしていた佐々木家寿治氏の意見により、市やその他経営を行なっている方達等、様々な方面から資金を調達することによって、設立されたという背景があります。
それ以降は地元に根差した企業として、地元の方達の為に一生懸命努力することを忘れずにいることによって、その地域の方達からも高い評価を得られるような銀行となり、地元の方達にとって大きな存在となっています。
1998年になりますと、当時宮城県の金融機関の中で3番目に大きな銀行であった徳陽シティ銀行の業務を受け継ぐこととなり、立場が向上することとなりました。
また当行は、隣の県である山形県の山形市に本店を置いていて第二地方銀行である、きらやか銀行との合併に動いていましたが、東北の震災により、被害を受けた企業の為に資金面等での援助を行なうため、政府からの資金面での援助が必要となり、合併については先送りすることとなったのです。
そして、正式に合併に至ったのは2012年のことであり、金融持ち株会社のじもとホールディングスが設立され、仙台銀行の本店を本社としております。
仙台銀行は震災の打撃を受けつつも、強い気持ちで、地元に根差していこうとしています。
そのため、支店の数を増やしたり、さらにはビルにも支店を構える等して、地域の皆様が元気になるよう努力し続けています。

仙台銀行においても色々なローンを用いてのキャッシングサービスが用意されています。
仙台銀行で、キャッシングを行なう場合は、利用するローンはカードローンまたはフリーローンになるかと思います。
そして、当行ではカードローンとフリーローンは、扱われている数としては共に1タイプとなっています。
他行では、カードローンもフリーローンも2つ以上取り扱われているところが多いですが、1タイプしか扱わないということは、その分ローンの質を売りとしていると言っても過言ではありません。
またおそらく、仙台銀行でのキャッシングの利用者は数多くいらっしゃるかと思われます。
このように言える根拠は、これから御紹介するキャッシングできる上限金額を見てもらえるとお分かりになるかもしれません。
最初に“スーパーフリーローン”を見てみると、こちらは上限金額が500万円となっており、他と比較してずば抜けて高いわけではありませんが、とても高い部類に入ることでしょう。
ですが、“スーパーカードローンエクセレント”のキャッシングできる上限金額を聞くと驚かれるかもしれません。
このカードローンは上限金額が1000万円と、とてつもない額になっています。地方銀行においてのこの金額はそうそうないと言えます。やはり東北を代表する銀行ですね。
ちなみに、仙台銀行においてキャッシングをすることによる利点はこのことだけではありません。

仙台銀行で取り扱われている2タイプそれぞれについてのキャッシングできる上限金額については先ほど御紹介した通りです。
しかし、仙台銀行の取り扱われているローンの特徴はそれだけでは止まりません。
では、いくつか御紹介したいと思います。
最初に、上限金額が1000万円というものがありましたが、これについてはパート、アルバイトといった非正規社員の方であっても御利用になられるということで、流石としか言えません。
また金利に関しても見ていくと、スーパーフリーローンに関しては下限の金利が4.5%に設定されています。4.5%であっても他と比べると十分低い金利であるのですが、スーパーカードローンエクセレントはもっと低く、3.5%となっており、この数字は銀行に限らず、消費者金融と比べても低いと言えるものとなっています。エクセレントと呼ばれるだけのことはあります。
ですが、御利用には条件が付いておりまして、「宮城にお住いの方」もしくは「宮城でお勤めの方」限定となっております。他の地域の人達から見ると、非常に優遇されているように感じますが、震災の復興にために仙台銀行が行なわれているものだと思えば、納得されるかと思われます。
震災の被害に遭われた宮城県で暮らされている方達は大変な不幸を背負われたわけですから、その分、良い思いをするために、これまで御紹介した非常に条件の良いカードローンを御利用になられることを強く勧めたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です